ディズニーリゾートで働きたい!キャストデビューまでの道のり

ディズニーランド・シーのキャストとして働きたい。そんな夢を叶えるための応募方法、面接でのコツ、採用の連絡、キャスト新人研修までの流れを紹介します。

ディズニーリゾートに行く際、あなたは何を楽しみに訪れますか?

ミッキーに会いたい!

スペースマウンテンに乗る!

ワゴンを回って食べ歩きをする!

アトラクション、フード、キャラクターグリーティング、パレード…想像するだけでワクワクしますよね!

このワクワクは、そこにいるキャストさんがいるからこそ、感じられるものではないでしょうか。

いつも素敵な笑顔で迎えてくれるキャストさん。

どんなお仕事をしてるかすごく気になる!

自分もあんな風になれるかな?

今回はゲストではなく、ハピネスを提供する「キャスト」になるまでの道のりを見ていきましょう。

「ハピネス」の提供者・ディズニーキャストって?


東京ディズニーリゾート内のパーク・全国各地にあるディズニーストアに勤める従業員は「キャスト」と呼ばれています。(訪れるお客様は「ゲスト」)

何故、スタッフや従業員ではなく「キャスト」なんでしょうか?

それは、ディズニーリゾートというテーマパークで役を演じることが求められているからだそうです。

ディズニーリゾート内では様々なテーマを設けて、エリア分けがされています。

ディズニーランドを例に見てみましょう!

・ワールドバザール
・アドベンチャーランド
・ウエスタンランド
・クリッターカントリー
・ファンタジーランド
・トゥーンタウン
・トゥモローランド

上の7つのエリアがありますね。

それぞれのエリアは、そのテーマに合わせた造り込みがなされています。

建物と商品はOK!
そこにあと1つ、必要な要素は「人」。

どんな場所でも、最後に命を吹き込むのは人間のお仕事です。

その決められた場所で役を演じる、「CASTING(キャスティング=映画や演劇で役を割り当てること・配役という意味)」から、「キャスト」という呼び名が広まりました。

普段お店の方から掛けられる「いらっしゃいませ」という言葉を、パーク内で聞いたことはありますか?

無いと思います。

キャストはみなさん、「こんにちは」「こんばんは」や「いってらっしゃい」と声を掛けていますよね。

店員としてお客様を迎えるというスタンスではなく、「演じる」という観点からの挨拶なんだと思います。

ちなみに、ゲストがいる場所を「オンステージ」、キャストのみが立ち入ることのできるスペースを「バックステージ」と呼びます。

こういう細かいところからも、ディズニーの魅力を感じられますよね。

ディズニーキャストになりたい!まずはどうしたら良いの?

「キャスト」の意味がわかりましたね!
では実際、憧れのディズニーキャストになるにはどうしたら良いのでしょうか?

通常のアルバイトの場合、まずは会社やお店の担当の方に連絡をして、面接を受け、ご縁があれば採用という流れが一般的ではないでしょうか。

キャストに関しても大体の流れは一緒で、まずは面接の申し込みをします。

パークの運営を行っている「オリエンタルランド」という会社が、定期的に大型面接会を開催しています。

採用担当部署である「キャスティングセンター」の公式ホームページがあるので、こちらから申し込みをしましょう。

今は遠方に住んでいるけど、引っ越しを先にした方が良いのかな?という方もご安心ください!

時期によって地方都市での面接会や、決められた勤務時間帯に当てはまれば住宅支援を受けられる職種もあるようです。

大型面接会が開催されていない場合、個別に面接をしてくれることもあるようなので、まずは問い合わせをしてみましょう。

ドキドキ!面接会に行ってみよう

申し込みが完了して、面接の日程が決まった!日付が近付くに連れて、ドキドキも大きくなっていきますね。

最低限の持ち物、筆記用具は持って行こう!あれ?服装はどうすれば良いのかな?そういえば履歴書は必要なのかな?

色々な疑問が浮かんできますよね!

大型面接会の場合、必要なものは特にありません。逆に、全て会場に用意されていますので大丈夫です!(来場の際に案内などを渡されることもあるので、クリアファイルくらいは持参した方が良いかもしれませんね)

服装についても特に規定は無いようなので、スーツで着ている人もいれば私服で来場している方も多くいます。

会場に置いてある履歴書に似た専用の用紙に記入をして、それを元に面接を受ける形です。
(※パークキャストとホテルキャストの面接会が合同の場合、履歴書が異なるので自分の希望しているカテゴリの用紙に記入するように注意してください!)

記入に関しては、名前や連絡先の基本情報はもちろん、職種や希望時間帯を選択します。

ここで1点ポイント

「希望職種は複数選択」することが可能です!

なので、この職種以外やりたくない!というこだわりが無ければ、興味のあるものをどんどん記入しちゃいましょう。

面接は面接官と1対1で行われることが多いので、恥ずかしがり屋の方もなんとか頑張れるかと思います!

面接において一番大切なことをお伝えします。

「笑顔」

です。

履歴書の希望職種や時間帯ももちろん採用の基準となりますが、面接官はまずその人がどんな人物なのかを知りたがっています。

接客・非接客に関係無く「ディズニー」という決められた世界の中で、役を演じられるかどうかを見られているのかもしれませね。

どんな面接でも緊張はします。

ただ、せっかくディズニーキャストになりたいという「自分がやりたいこと」を見つけたのですから、時間の中でたくさんアピールをしちゃいましょう。

待ち遠しい!採用の連絡はいつ頃来るの?

無事に面接会が終わり、次は採用・不採用の連絡待ち。

連絡は基本的に「電話」で行われます。

面接の際に

「採用の場合は、○月○日までに連絡致します。」

と、面接官から言われたかと思います。

不採用だったらどうしよう…と不安になる方もいるかもしれません。

そこは大丈夫、「連絡は採用の場合のみ」と決められているようです。

履歴書の情報を基に、希望職種と勤務可能時間から当てはまる仕事を探してくれます。

見事、合致する仕事が見つかった場合に、電話連絡が来ることになっています。

一例として、以下のような内容です。

「○○(職種)のお仕事をご紹介できますが、いかがでしょうか?」

ずっと着信を待っていたのですから、この電話は本当に嬉しいですよね!

もちろん双方の合意が絶対なので、あなたが働きますと伝えた時点での内定となります。

これで晴れて、ディズニーキャストの仲間入りです。

ディズニーキャストの第一歩、研修を受けよう


採用の電話から数日、いよいよ初出勤の日が来ました。

さぁ、パークで頑張るぞ!

と気合いを入れますが…

すぐに現場での仕事、となるわけではありません。

ハピネスを提供する素敵なキャストになる為に、まずは「研修」を受けることが必要です。

研修者は職種に関係なく集まり、入社から数日間に渡って研修を受けます。

詳しい内容は記載できませんが、ディズニーキャストとして大切なことを学んだり、接客の際の心得などを知ることができるとても貴重な時間です。

パークでのお仕事デビューが待ち遠しいですが、研修も楽しみましょう!

ディズニーリゾート キャスト まとめ

今回はディズニーにキャストになるまでの流れについて、お話をしてきました。

・パークで役を演じることが求められるから「キャスト」と呼ばれている

・面接で一番大切なのはとびきりの「笑顔」

・採用の場合のみ「電話」が来る

・入社後の研修が楽しい

思い立ったときが、きっとあなたのタイミングです。訪れるゲストから、迎えるキャストへ。

あなたも、「ハピネス」を届ける素敵なキャストになってみませんか?

ディズニーアルバイト よくある質問


USJ



ディズニーランド


1日1回応援のクリックしてね♪


ディズニーシー