ダッフィーのお手入れ方法!洗濯に用意するものなど注意点とは?

ふわふわでモコモコなダッフィーのお手入れ方法ってご存知ですか?
今回はそんなダッフィーのお手入れ方法と注意点をご紹介していきたいと思います!
「洗濯機で洗っちゃって大丈夫?」「ふわふわじゃなくならない?」という皆さんの疑問にお答えしちゃいます…!

ダッフィーって洗えるの?

ダッフィーお手入れ・洗濯


販売から約15年経った今でも変わらず人気のダッフィー。
私はシーに行った時は、必ずダッフィーフレンズグッズを買ってしまうほど…!

そんなふわっふわでモコモコなダッフィーも、何度もパークに持ち込んだり、可愛がる度に何だか毛質がゴワゴワになってきたり、色も黒くなってきたりしませんか?

私のダッフィーやシェリーメイ達は、何故か口の周りだけが茶色く汚れてくるんです…
もしかして夜な夜なパーティーをしているのかも…?

まぁ、それは置いといて…
結論から言いますと、ダッフィーは洗う事が出来ます…!

お子さんがいる方は、ふわふわのお耳や手足をお子さんがモグモグしてしまったりする事もあるので、特にダッフィーの汚れやハウスダスト等が気になると思います。

「ダッフィーの毛質って独特だし、洗えなさそう…」「中の綿が偏っちゃいそう…」と不安に思う方も少なくは無いと思いますが、いくつかのポイントを抑えれば、ダッフィーを綺麗さっぱり生まれ変わらせる事ができます…!

ダッフィーの洗い方

ダッフィーの洗い方

基本的に手洗いで!

「うちはいつもぬいぐるみを洗濯機で洗うよ!」「洗った事あるけど、別に平気だったよ?」という方もいらっしゃる為、何が何でも絶対洗濯機では洗わないでください…!とは言い切れませんが、基本的には手洗いをオススメします♪

先ほどもお話ししたように、ダッフィーの特徴であるふわふわの毛質が変わってしまったり、中に入っている綿が偏って顔の形や体の形が変わってしまう可能性もあります。

ちなみに、間違えてぬいぐるみバッジのダッフィーを洗濯機で洗ってしまった時は綿の偏りはありませんでした…!

用意するもの

◇中性洗剤
必ずお洒落着洗剤や、ぬいぐるみ用洗剤を使用してください!
弱アルカリ性の粉末洗剤などを使用すると、色落ちする可能性があります!

◇柔軟剤
好きな香りの柔軟剤を選びましょう!

◇バスタオル
大きめサイズの時は2枚あると便利です。

◇衣類用ブラシ
ダッフィーの毛並みを整えるのに必要なので、必須!

◇歯ブラシ
押し洗いでは取れなさそうな汚れがある場合は、歯ブラシも用意しておくと便利

◇洗濯ネット
脱水や乾燥時に使います!
洗濯するダッフィーのサイズに合わせて選びましょう!

手順

◇まずは毛並みを整えよう!
人間も髪の毛を洗う前にブラッシングしますよね…!
それと同じように、ダッフィーも洗濯する前に毛並みを整えましょう♪
特に毛並みがカチカチになっている場合は、ほぐすようにして丁寧に整えてくださいね!

◇洗う場所を決めよう!
ダッフィーには、ストラップからぬいぐるみバッジ、S、M、Lサイズと様々なサイズがあります。
基本的にもみ洗いをする為、水が貯められるような場所で洗う事になります。

ストラップやぬいぐるみバッジのような小さなものや、ぬいぐるみであってもSサイズぐらいまででしたら洗面所がオススメ。
大きなサイズになってくると、バケツを使ったり浴槽がオススメですよ…!

◇洗浄液を作って準備をしよう!
ダッフィーが全体的につかるぐらいのぬるま湯に、中性洗剤を溶かしましょう♪
洗剤の量などは、汚れ具合に応じて調節してくださいね!

私のダッフィーの場合、何故か口周りだけ汚れてしまうので、口周りには直接洗剤をつけたりしました。

◇優しく洗おう!
ガシガシ洗うのではなく、押すように洗うのがポイント…!
特に汚れている部分は、柔らかめの歯ブラシを使ったりして丁寧かつ念入りに洗ってくださいね!

洗い終わったら、中の洗剤を書き出すように数回水で洗い流してください。
洗い流し終わったら、軽く水気を取っておきましょう♪

◇柔軟剤につけよう!
ダッフィーのふわふわを持続させる為に、柔軟剤は必須…!
ここでダッフィーの香りも決まるので、お気に入りの柔軟剤を使用してくださいね♪

ぬるま湯に柔軟剤を溶かしましょう。
押し洗うのではなく、ダッフィーの毛並みを手で整えるように優しくつけてあげてください。
数分柔軟剤につけた後は、軽く洗い流し水気を切ってください!

◇脱水&乾燥をさせよう!
ぼたぼたと水が滴らないぐらいに水を切ったら、用意していたバスタオルにダッフィーを包んで、さらに洗濯ネットの中に入れて洗濯機で脱水します。
しかし、長時間脱水してしまうと中の綿が偏ってしまうので、脱水するのは1、2分程度で大丈夫…!

脱水が終わったら、次は乾燥させましょう!
たまにぬいぐるみをそのまま洗濯バサミで挟んで干してる方を見かけますが、洗濯バサミの跡が残ってしまうので、洗濯ネットに入れたまま洗濯ネットを洗濯バサミで挟んで干すか、乾いたバスタオルの上に寝かせて乾燥させましょう。

その際は直射日光が当たらない風通しの良い場所に干してください!
中までしっかり乾燥させる為、1~2日ほど干すことをオススメします。
その間に雨が降ってしまった場合は、扇風機を当てるなど生乾きやカビに注意して扱ってくださいね!

その他注意したいところ

ステラルーは耳を揉みすぎると垂れる

ステラルー


ステラルーの耳はピンッ!と立ったままの状態を保つ為に、中に板状の芯が入っています。
これをあまり揉んだり折り曲げてしまうと、ピンッとしたお耳に戻らず垂れ耳になってしまう事があるそうです。

逆に「垂れ耳ステラルーが可愛い!」という方は、やってみてもいいかもしれませんが、1度垂れ耳にしてしまうと元に戻らないので、注意が必要です!

ジェラトーニの胸毛と尻尾はより丁寧に

ジェラトーニ


他のダッフィーフレンズとジェラトーニの違いは、胸毛と尻尾の先!
ジェラトーニの胸毛と尻尾の先の毛質は他の部分の毛質とは違い、長く細い毛質になっています。
洗う前のブラッシングは特に念入りに行い、中性洗剤で終わった後もブラシで整えてから柔軟剤につける事をオススメします!

乾燥後も丁寧にブラッシングをして、毛同士が絡まないように注意してくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は”ダッフィーの洗濯方法”についてお話しさせていただきました!

パークに一緒に連れて行くからこそ、汚れが強くなってしまうダッフィー。
汚れが気になった時は、ぜひダッフィーをお風呂に入れてあげてくださいね!



1日1回応援のクリックしてね♪