もっと知りたい!ダッフィーの噂話と裏話

もふもふのクマのぬいぐるみ、ダッフィーの事を皆さんはどのぐらい知っていますか?
ディズニーリゾートでは、パーク内でダッフィーを抱っこしているゲストをよく見かけますよね!

ダッフィーは何故人気があるのか…
ダッフィーって一体何者?秘密は?

今回はダッフィーの噂から裏話までドドンとご紹介していこうと思います♪

ダッフィープロフィール


名前:ダッフィー
性別:男の子
種族:くまのぬいぐるみ
作った人:ミニー
声:土井美加さん
誕生日 :?
場所:ケープコッド

「長い航海に出かけるミッキーが寂しくないように、ミニーが作ったミッキーの友達」という設定。
ダッフィーの誕生ストーリーが楽しめるショー”マイフレンドダッフィー”では、登場した時点では裸ですが、ミッキーと共に航海に出かけるということで、セーラー服を着るようになります。

ダッフィーが登場した当時は「男の子」「女の子」という性別は決まってないなかったようです。
以前は、フリフリのスカートやワンピースを着せているダッフィーを抱っこするゲストをパーク内でよく見かけました。

当初声が当てられていなかったダッフィーですが、ショーに登場するようになってから自分のことを「僕」と呼んでいる事からも男の子なのでは?という考えに至った様子。

シェリーメイの登場が決定打になったようで、完全にダッフィーは男の子という認識になったみたい。
最近ではダッフィーにスカートやワンピースを着せているのはあまり見かけなくなりました…!

ダッフィーの噂・裏話

誕生日がいくつもある?!


ミッキーやミニーなどのディズニーキャラクター達には、誕生日という名のスクリーンデビュー日があります。
しかしダッフィーフレンズはスクリーンデビューはしていないため、誕生日が定まっていません。

特にダッフィーはいくつか誕生日とされている日があるようで、ファンによってまちまち。
その誕生日とされている日をいくつかご紹介いたします!

初めてダッフィーが登場した日

初めてダッフィーがディズニーシーに登場した日が2004年11月4日。
これはダッフィーという名前ではなく”ディズニーベア”という名前でクリスマス限定で登場した日。

クリスマス限定という事でグッズを売り出しましたが、爆発的な人気となり”ダッフィー”として正式に登場させようというきっかけになったもの。

ダッフィーが”ダッフィー”として販売された日

上記の通り、登場した時は「ディズニーベア」という事で名前がなかったダッフィー。
そんなダッフィーが正式に登場して、店頭に並んだ日が2005年12月26日。

自分が購入した日

自分がダッフィーを迎えた日を誕生日とする人も少なくないです。
店頭に並んでいるダッフィーは少しずつ顔が違っていて、自分のダッフィーとして迎える時に誕生日を決めるようです。
ちなみに私は毎回店に入って一番最初に目が合った子を迎えています!
しかし購入した日を覚えていないので、ちょっと後悔しています…

デイジーの声?


ダッフィーはシーに登場した当初は、声がありませんでした。
「いつ話せるのかな?」「ダッフィーはどんな声なのかな?」と待ち遠しかったのをよく覚えています。

ダッフィーの声は”土井美加さん”という方が当てています。
この土井美加さんは、ダッフィー以外にも数々のディズニーキャラクターの声を務めています。
ふんわりとした優しいダッフィーの声ですが、ダッフィーの他に誰の声だか皆さんわかりますか?

実は「チップ&デール」のチップ、デイジーダック、「不思議の国のアリス」のアリスなどの声をあてているんです!
全て土井美加さんがあてていると思いながら再度聞いてみても、同じ方の声に聞こえません。
ちゃんとチップの声、デイジーの声、アリスの声、ダッフィーの声なんです。

ぜひ聴き比べてみてください!
声優さんってすごい…

初期と今ではぬいぐるみが違う?

「ダッフィーベア」と「ダッフィー」について軽く説明しましたが、ダッフィーが店頭に並んでから現在までで、Sサイズのぬいぐるみに違いがあるのはご存知ですか?

先ほど「購入した日を忘れてしまった」というお話をしましたが、自分のダッフィーがいつ頃製造されたか調べる方法があります!
その方法をご紹介したいと思います♪

毛質

2004年~2007年頃製造:もさもさしていて毛が長め。現在のMサイズと同じ素材をしています。
2008年~現在:2008年当初は、日に当てるとキラキラと光る毛質だったのが、毛の刈り込み模様がわかるものや毛質が硬いものなど、繰り返し試行錯誤のマイナーチェンジをしています。

タグ

2004年~2007年頃製造:尻尾の付け根に白いタグ。「TOKYO DISNEY RESORT」とあります。現在のタグよりペラペラしています。
2008年~現在:左足の内側にかなりしっかり目の薄ベージュのタグ。「DUFFY THE DISNEY BEAR」「TOKYO DISNEY SEA」と刺繍されています。

そして爆発的な人気だったダッフィーは偽物が出回るようになり、2010年以降にはぬいぐるみやぬいぐるみバッジなどの全てのダッフィーグッズに”製造番号”をつけるという対策がされました。

それらを含めて、私のダッフィーがいつ製造だったか見ていきましょう!


毛質は若干キラキラで短め。

タグは左足の内側にしっかり目のタグ。

そして決定打は、製造番号のタグが付いています。

この3点から見ると、私のダッフィーは2010年以降に製造された子という事になります!
皆さんのダッフィーはいつ頃製造されましたか?
ぜひ調べてみてくださいね!

なぜ人気に?

さて、そんなダッフィーですが、なぜ人気になったのか?疑問に思う事ってありませんか?
もこもこで抱き心地が良くて、とーっても可愛いダッフィー。
普通のくまのぬいぐるみと何が違くてこんなに人気なのでしょうか?

着せ替えを楽しめる!

ダッフィーだけではありませんが、ダッフィーフレンズは着せ替えが楽しめます。
現在では、たくさんのコスチュームが販売されています。
常に販売されているコスチュームや季節のイベントごとに販売されるコスチュームまで、様々です!

公式に販売されているコスチューム以外にも、自分で衣装を制作して楽しんでいるファンもたくさんいます。
私もその中の一人です♪

ハロウィン時期には他のディズニーキャラクターの衣装を制作して着せていたり。
季節のイベントごとに合わせた衣装を制作して着せたりと、楽しみ方は様々!

そんな着せ替えが楽しめるというのも人気の一つとなっています。

ディズニーシー限定だから

これも結構大きい理由の一つだと思います。
日本でダッフィーフレンズに会えるのも、グッズを買えるのもディズニーシーのみです。
せっかくディズニーシーにきたんだったらダッフィーを…と考える方も少なくないのでは?
逆にダッフィーがいるからディズニーシーに行く!という方も。私もダッフィーのためにシーに行く事が多いです♪

海外限定のダッフィーもいるので、海外のディズニーリゾートへ行った際も「せっかくだし限定ダッフィーを」となるようです。

パーク内を抱っこして楽しめる

Sサイズのダッフィーは抱っこしてパーク内を歩くのにぴったりなサイズ♪
たまにMサイズやLサイズのダッフィーを連れている方もちらほら見かけます。

自分で作った衣装を着せてパーク内を歩いたり、パーク内にあるダッフィーのフォトスポットに座らせて写真を撮ったりと楽しみ方は様々!
ゲストが自分のダッフィーをゴンドラ乗り場の柵に固定して、ゴンドラに乗っているゲストを見送ってくれるダッフィー達もいたりしますよ!声をかけてダッフィーたちを触らせていただいたり、写真を撮らせていただいた事も。

パーク内でのファン同士の交流としても、ダッフィーは欠かせない存在となってきているようです!

ぬいぐるみ以外にも可愛い沢山のグッズ

ダッフィーといえばぬいぐるみ!
ですが、ダッフィーはぬいぐるみ以外にもたくさんの可愛いグッズが販売されています♪

季節のイベントごとに新発売されるグッズ目的にパークへ足を運ぶ方も多いのではないでしょうか?
ダッフィーフレンズファンの私は、可愛いグッズが販売されると次々と購入してしまいます…!

マグカップやメラミンカップ、バッグ、タオルなど。
パークから帰宅した後も、家や学校、職場でいつもダッフィーフレンズと一緒!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はダッフィーについてお話しました。
ダッフィーの声優さんが、他のキャラクターも担当しているという事を初めて知ってびっくり!

2005年にダッフィーとして登場してから今年で14年。
ダッフィーの人気はまだまだ続きそうですね!


USJ



ディズニーランド


1日1回応援のクリックしてね♪


ディズニーシー