ありのままを生きる新時代のヒロイン「アナと雪の女王」エルサの魅力

みなさんこんにちは、ディズニーキャラクターが大好きなライターのうらんです。

雪のような白銀色の髪に青紫のメイク、スリットが大胆に入った氷のドレス・・・。ハイヒールでさっそうと歩くエルサは、今までのディズニープリンセスにはいなかったニュータイプのヒロインです。

生まれつき持っている魔法の力を恐れて、自分を抑える生き方しか知らなかったエルサ。

そんな彼女が本当の自分を見せる名曲「レット・イット・ゴー」は世界的大ヒットとなり、日本でも「ありのまま」旋風を巻き起こしました。
「レット・イット・ゴー」、ディズニー好きのみなさんならもちろん歌えますよね^^?

今回は老若男女問わず人気の高いディズニーキャラクター、「アナと雪の女王」のエルサの魅力をご紹介します。

エルサのプロフィール

まずはエルサのプロフィールを見ていきましょう!

エルサ

本名:エルサ
性別:女性
出身国:アレンデール王国
スクリーンデビュー日:2013年11月27日
デビュー作品:「アナと雪の女王」
その他登場作品: 「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」、「アナと雪の女王 家族の思い出」、「アナと雪の女王2」
性格:真面目、心優しい、優雅、シャイ
家族:アナ(妹)、アグナル国王、イドゥナ女王(両親はすでに他界)、クリストフ(義理の弟)、
恋人:なし

ディズニーのヒロインたちは生い立ちや物語の結末から王女になるキャラクターが多く、そのたま彼女たちは「ディズニープリンセス」と呼ばれています。

アナとエルサの彫刻

「アナと雪の女王」は、アナとエルサがWヒロインを務める映画です。
アレンデール王国に生まれた2人は、父である国王がなくなってから姉のエルサが女王、妹のアナが王位継承第1位のプリンセスとなります。

立場としては「クイーン」と呼ばれるべきエルサですが、心と外見の美しさ、苦悩を乗り越えて成長していく姿は、ほかのプリンセスと同じで世界中の女性の憧れの的です。

アニメーション映画でわかるエルサの姿

アナ雪シリーズ1作目の「アナと雪の女王」をメインに、映画からわかるエルサの魅力を解説していきます。

共感を呼ぶ、影を宿したディズニーヒロイン

エルサとオラフ

ディズニーのヒロインたちはよく愛らしい笑顔や自信に満ちた表情を浮かべていますが、エルサはそのような表情をあまり見せておらず、最初は不安そうにおびえたような様子ばかり見せています。

なぜならエルサは生まれつきの氷の魔法の力を、誰にも打ち明けずに隠していたからです。

幼いころ、アナに誤って魔法の力を当ててしまったことから、力のせいで大切な人たちを傷つけることを恐れていました。

心の中に悲しさやおそれ、いわゆる影の感情を宿したメインヒロインは、数多くのディズニー映画の中でもあまり前例がありません。

そういったエルサが抱えるマイナスの感情に、共感する人も多いのではないでしょうか。

マントをなびかせるエルサ

もちろん私たちにはエルサのような魔法の力はありませんが、エルサの力は「特別な力」と言う以前に、彼女の「個性」そのものです。

自分が好きなこと、得意にしていること・・・誰にだって必ずその人の個性がありますよね。

個性を使うことで誰かを喜ばせることができることもあれば、反対に個性のせいで誰かを傷つけてしまうことや、自分が孤立することもあります。

「自分の力(個性)」が誰かに迷惑を掛けたらどうしよう」という恐れは、エルサでなくても私たちにだって感じることがある感情です。

だからこそ、おそれを乗り越えてなりたい自分に変わろうとするエルサの姿は、多くの人々に勇気を与えるのです。

妹アナとの運命的な姉妹愛

抱き合うアナとエルサ

エルサを語るうえで外せないのが、やはり妹アナとの強い姉妹の絆です。

シリーズ1作目の中で凍ったアナの心を溶かしたのは、アナとエルサのお互いを大切に思う「真実の愛」でした。

「真実の愛」というのは、これまでのディズニー作品では「王子様とお姫様の魔法のキス」によって成立するものでしたから、アナ雪はかなり画期的な展開ですよね!

シリーズ2作目に関してはあまりネタバレになるような話は避けますが(笑)、こちらでも2人の絆が再び王国の運命をより良い方向へと導きます。

おしとやかで優しいエルサと、活発で天爛漫なアナ。

2人の性格は正反対ですが、いつもお互いのことを大切に想っていて、お互いの幸せを心から願っています。時には、アナが自分の体が氷になってしまうことを顧みずにエルサを守ったように、相手のために自分を犠牲にするような行動に出ることもあります。

お互いが自分には無いものを持っているからこそ、困ったときに助け合うことができるのかもしれませんね。

彼女たちを見ていると、私も家族や兄弟と同じ家に生まれたことにもっと感謝しなきゃいけないなぁと気づかされます。

エルサとアナは2人で1つの姉妹、まるで太陽と月のようです。

エルサに恋人がいない理由

胸に手を当てるエルサ

プリンセスが登場する多くのディズニー作品では、プリンセスには恋の相手となるプリンスの存在がつきものです。

妹のアナは、もともと恋に憧れを抱いていたということもありますが、最終的に不器用だけど思いやりの深いクリストフをパートナーに選びました。

しかしエルサには恋人がおらず、エルサの恋の兆しはその後の続編でも全く出てきません。

なぜエルサには恋人がいないのでしょうか・・・?

その理由について、「アナと雪の女王2」のプロデューサーであるピータ・デル・ヴェッチョ氏は、「エルサは今自分自身を理解することに精いっぱいで、恋愛する準備ができていないのだと思う」と語っています。

たしかに、「アナと雪の女王2」はエルサがなぜ自分に魔法の力が与えられたのかを彼女自身が解明していく・・・というストーリーになっており、エルサは自分や自分のルーツ(家族)と向き合うことで疑問を解決していきました。

エルサ本人が、まだ誰かと恋をする気になれていないのかもしれませんね。

もしかすると、今後彼女にも恋の予感が訪れるのかもしれません・・・!

日本語吹き替え声優

エルサの日本語吹き替えを務めているのは、皆さんもご存じの通り女優の松たか子さんです。

ドラマや映画、CMなどで現在も大活躍している松たか子さん。
エルサの吹き替えにより、その歌唱力の高さも話題を呼びました。

控えめだけどのびのびとした歌声は、エルサの性格にぴったりですよね!

ショーでのエルサ

松さんは2020年2月10日(日本時間)に行われた「第92回アカデミー賞」において、アカデミー賞歌謡曲賞にノミネートされた「アナと雪の女王2」の「イントゥ・ジ・アンノウン」を、世界各国のエルサ声優と共にアメリカ・ロサンゼルスで披露しました。

選ばれたのは、9か国のエルサの声優たち。アメリカ、日本、ロシア、ドイツ、スペイン、デンマーク、ノルウェー、ラテンアメリカ、タイのエルサが集結しました。

私もその様子をテレビとSNSで見ましたが、本国のエルサ声優であるイディナ・メンゼルさんを中心に、各国のエルサが白いドレスで歌う姿は美しくて圧巻でした!

しかも、松さんが歌いだしのパートを担当していて、目立つポジションにいらっしゃったことが日本人としてなんだか嬉しかったです♪

日本語バージョンのエルサの歌声は海外からも評価が高く、アカデミー賞での松さんの歌声に関しても「オリジナルを超えている!」、「なんてパワフルな歌声なの!」と称賛のコメントが上がっています。

演技力の高い松さんだからこそ、エルサの女王らしい流暢な話し方や、内に秘めた感情を歌声に乗せて表現する技術に長けているのではないでしょうか。

東京ディズニーリゾートでエルサに会える場所

最後に、東京ディズニーリゾートでエルサに会える場所を紹介します。

2020年4月現在、エルサがいるのは東京ディズニーランドのみとなっていますが、今後は東京ディズニーシーでの活躍も期待できるので、そちらについても少しだけご紹介します!

出演しているショー

東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ
開催場所:パレードルート
開催回数:1日1回

エレクトリカルパレード・ドリームライツのエルサ

ディズニーランドの夜の代名詞である東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ。アナと雪の女王のフロートは、2017年に仲間入りしました。

エルサが作った氷の城をイメージしたフロートにはエルサとアナ、先頭にはくるくる回るオラフがいます。

注目すべきは、氷のお城の美しさです。鮮明なLEDライトの光が、エルサの魔法によって流れるように動き出します。まるでアニメのワンシーンを見ているようです!

「レット・イット・ゴー」の場面さながらの、臨場感のあるエルサのアクションも見逃せません。美しくてかっこよくて、惚れ惚れしてしまいます!

出演しているアトラクション

イッツ・ア・スモールワールド
テーマランド:ファンタジーランド
ガイドマップ番号:75番

雪を創り出すエルサ

アトラクションの中では、エルサとは「イッツ・ア・スモールワールド」で会うことができます。

「イッツ・ア・スモールワールド」はボートに乗り込み、色とりどりの民族衣装を着た子供たちが歌う名曲「小さな世界」のメロディーに乗せて、世界中をめぐるアトラクションです。

身長制限のないアトラクションなので、子供から大人まで楽しむことができます。

世界を周遊するカナルボートは、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、中南米、南太平洋の順番で進みます。

それぞれのエリアにちなんだディズニーキャラクターに出会うことができるのですが、エルサは一番目のヨーロッパエリアにいます。

「レット・イット・ゴー」のメロディーが流れる中、エルサが雪山から魔法の力を披露しています。エルサの足元にはアナとオラフもいますので、是非チェックしてくださいね!

東京ディズニーシーにアナ雪エリアがオープン予定

2023年に、東京ディズニーシーに新しいテーマエリアの「ファンタジースプリングス」がオープン予定です。

「ファンタジースプリングス」は「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」がテーマの新エリアです。
ディズニー映画「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーターパン」をイメージした3つの新エリアで構成されます。

アナ雪のエリアには、ボート型のアトラクションとレストランがそれぞれ一つずつ導入予定です。
レストランは、なんとアレンデールのお城の中で食事が楽しめるというコンセプトです!
お城の門が開いたアレンデール王国に、ゲストが遊び行くことができるようですね。

映画にも登場した巨大なバースデーケーキ

新エリアの中で、エルサに会うことができるかもしれません・・・!
まだ先のことなので明かされていないことが多いですが、詳しい情報が待ち遠しいですね♪

まとめ

ここまで「アナと雪の女王」の大人気キャラクター、エルサの魅力を映画やテーマパークの観点からご紹介しました。

小さな子供から大人まで夢中にしてしまう、魅力的で美しいエルサ女王。

彼女の良さが少しでも伝わりましたでしょうか?

空前のアナ雪ブームは、「耳に残る印象的な音楽」や「画期的なストーリー」、「映像の美しさ」など多くの成功要因が重なったために起きた現象ですが、その成功要因の一つに「魅力的なキャラクター」が存在していたことを忘れてはいけません!

とりわけ大ヒット曲「レット・イット・ゴー」を歌うメインヒロインのエルサは、私たち誰もが抱える個性に対する不安に希望を与えてくれるような、新時代のヒロインです。

日本ではテーマパークでの活躍も見込めるので、これからもエルサの活躍には目が離せませんね♪


USJ



ディズニーランド


1日1回応援のクリックしてね♪


ディズニーシー