ハローニューヨーク フィナーレ

ハローニューヨーク 見どころを写真と一緒に

ディズニーシーショー ハローニューヨークの注目ポイント。豆知識。登場キャラクターなどハローニューヨークで知っておくと楽しめることをまとめました。

 みなさま、ディズニーライフを楽しんでいますでしょうか?
歳を取ったせいか、朝早くにパークに来ると15時くらいには力尽きてしまうKHテッサンです。
東京ディズニーシーの中で、大きなレギュラーショーといえば「ビッグバンドビート(通称:BBB)」、そしてドッグサイドステージ(通称:DSS)でみることができる「ハロー、ニューヨーク!」ですね。
そのうちのひとつ・・・「ハロー、ニューヨーク!」について触れていきます!

ハローニューヨーク

ちなみにですが、筆者はすでにドハマリしています。スタートした当初はいつでも見ることができるので、そのうちみればいいかなと思い、実際に見たのは始まって結構あとになってからです。

しかし、一度みてしまうと「なななな、なぜはやくみなかった自分!!!」と日々後悔する状態になっていました。今回は、見どころ盛りだくさんのショーを写真と一緒に見ていきましょう。

ハローニューヨーク

いつはじまったの?

 「ハロー、ニューヨーク!」がスタートしたのは、2018年7月10日です。東京ディズニーランドで公演されているショー「レッツ・パーティグラ!」と同日でした。
同じ日にスタートするとだけあって、年間パスポートやマルチデーパスポートを持っている人はどちらにも行ったりきたりで忙しかったと聞いています。
 現在は、35周年イベントを開催しているので、フィナーレの内容も少し変わっています。

■一日どれくらい公演がある?どれくらいの長さ?

公演回数:4回~5回
公演時間:約25分
公演回数は、季節などにより変わるので、パークのショースケジュールを確認しましょう!

■抽選はある?どこで待てばいいの?

 抽選はありません。待機列に並んで、入場する形式をとっています。開園30分前に入場ができるので、地図の左側(ステージを見て右側)の広場に並びましょう。もちろんキャストが案内してくれるので迷うことはありませんね。
 座席は自由席なので好きな場所に座ってください。他のゲストの頭などを気にしたくない場合は、立ち見もできます。外出する場合は、ステージ左側でキャストさんに再入場券をもらってください。戻るときも同じ場所を通って戻りましょう。

ハローニューヨーク ストーリー

 舞台はニューヨーク! 5つのシーンに大きく分けて、注目ポイントを一緒に説明しますね。

1. 街歩き

ハローニューヨーク ミニー 街歩き
車のクラクションや人の足音などからはじまり、軽快な音楽が流れ、ニューヨークに到着したところからストーリーは始まります。
ミッキーたちはそれぞれニューヨークでしたいことを話し、案内をしてもらいながら街を歩いていきます。どたばたしながらもつぎのシーンへと進んでいきます。

◆注目ポイント

 ここでは3点ほど注目ポイントをお話します!まずはミッキーの衣装です。ショースタート時は青基調の衣装ですが、後半になると変わります。何色に変わるか注意して見てくださいね!
2つ目は、ホットドッグに使われているケチャップの銘柄があるショーと同じです。記事後半にショーの名前を書いてあるので、気になる場合は最後まで読んでくださいね!

さて、最後の3つ目です。イエローキャブのダンサーさんの衣装が以前アメリカンウォーターフロントで行われたショー「イースター・イン・ニューヨーク」と似ています。モチーフは似ていますが、実は別のダクシー会社の衣装かもしれませんね!

2. ダウンタウン

ハローニューヨーク グーフィー
さて、グーフィーが迷い込んだのはダウンタウンです。ニューヨークで一番高いタワーを聞き込みますが、周りのストリートパフォーマンスに心奪われ見入ってしまいました。最終的に楽しくて混じってしまいます。

◆注目ポイント

ここで見て欲しいのはアクロバットやパルクールです!箱などを飛び越え、乗ってそこから繰り出されるバク宙やバク転などはどれもクオリティが高く、見ている人もみんな声を上げるシーンとなっています。
個人的には1、2を争うくらい好きなシーンです!男性ダンサーがかっこいいので、ここは必見ですよ!

3. セントラルパーク

セントラルパーク
 舞台は移り、セントラルパーク。チップとデールはどんぐり遊びに、ドナルドは魚を釣りにきましたが、一緒に来たデイジーに写真撮影をお願いされます。そこに、いたずらが大好きなチップとデールが写真撮影を邪魔するという展開に。その後は、ゲストも参加できるどんぐり遊びが始まりますよ。

◆注目ポイント

どんぐり遊びは客席に大きなどんぐり(風船)が投げ込まれるので、それをどんどん飛ばす遊びとなっています。どんぐりが自分のところに飛んでくるかは運次第ですが、楽しいので参加できると良いですね!
やはりドナルドは不完全燃焼で次のシーンです。

4. ブロードウェイ

ハローニューヨーク ミッキー
ブロードウェイでミッキーとミニーは待ち合わせをしますが、なかなかミニーがきません。そこはさすがミニー。ミッキーを待たせて焦らしています!

ハローニューヨーク ブロードウェイ
合流した後は、一緒にミュージカルを見たり、参加したりと進んでいきます。

◆注目ポイント

ミニーをまっているときのミッキーのしぐさがかわいすぎるのでここを注目してもらいたいですね。悶絶します、はい!
また、華やかな衣装に身を包んだダンサーさんもすばらしいです。

5. フィナーレ

ハローニューヨーク フィナーレ
最後はみんなが集まり、すばらしい体験ができたニューヨークを大好きになってフィナーレを迎えます!最後は35周年テーマ曲の“Brand New Day”が流れますが、これは35周年の間だけなので、終わった後は通常バージョンになると思われます。まだどんな感じになるかはわからないのでそこもお楽しみに。

注目ポイント

ラストはミッキーたちが客席の通路に来てくれます!運がよければハイタッチなどもできるので触れ合いたい場合は通路側の席に座りましょう。登場キャラクターのグッズなどを持っているとより確率は上がるかもしれませんね。

登場キャラクターは?

・ミッキーマウス
・ミニーマウス

ハローニューヨーク ミニーマウス

・ドナルドダック
ハローニューヨーク ドナルドダック

・デイジーダック
ディジーダック ハローニューヨーク

・プルート
ハローニューヨーク プルート

・グーフィー
・チップ
チップ ハローニューヨーク

・デール
デール ハローニューヨーク

ハローニューヨーク まとめ

 いかがでしょうか!本当に見どころが多く、すばらしいショーとなっているので、ぜひ見てください!!
各キャラクターも個性が出ていますし、女性ダンサーさんはかわいく、男性ダンサーさんはかっこいいです!
夜の公演が設定されている日もあるので、昼の公演とはまた違った良さを見つけることができるかも!個人的には以前のショー「テーブル・イズ・ウェイティング」でクリスマスバージョンがあったので、そのような季節限定バージョンも見てみたいですね!

以上、「ハロー、ニューヨーク!」の紹介でした。

KHテッサン

キングダムハーツ好きの年パス所持者です!
週一ペースでディズニーに通い、ショー&パレードをメインに活動。得意なカテゴリはショー&パレード、グッズ、舞浜周辺ホテルなどです。都内で行われるディズニーイベントにも行くので、タメになる情報をお届けしますよ!

USJ
USJ


ディズニーランド
ディズニーランド


1日1回応援のクリックしてね♪

ディズニーシー
ディズニーシー