-->

シーの玄関エリア、メディテレーニアンハーバーの魅力と楽しみ方!アトラクション・レストラン

エントランスを抜けると、園内で最も大きい湾が見えてきます。
シーの玄関エリア”メディテレーニアンハーバー”には何があるか、どんな魅力があるか皆さんは知っていますか?

ゆったりとした雰囲気のメディテレーニアンハーバーのオススメスポットや裏話まで、徹底解説していこうと思います♪

メディテレーニアンハーバーとは

メディテレーニアンハーバー

メディテレーニアンハーバーは20世紀初頭の南ヨーロッパの地中海モチーフとしている港町。
ゆったりとした雰囲気が特徴で、激しいアトラクションは少なくショップやレストランが多いエリアになっています。

メディテレーニアンハーバーといえばなんとなくどこの場所なのか分かる方が多いと思いますが、メディテレーニアンハーバーには3つのエリアで構成されていること、皆さんはご存知だったでしょうか?

ポルト・パラディーゾ

実際にイタリア北西部にある人口400人ほどの「ポルトフィーノ」という港町をイメージして作られたエリア。
ポルト・パラディーゾは、ポルトフィーノを実寸大で再現しているとか…!

「ポルト・パラディーゾ」というのはイタリア語で「楽園の港」という意味。
エリアミュージックもイタリアらしいアコーディオンを用いた陽気なリズムが特徴で、イタリアに来たかのような雰囲気を味わえます♪

遠くからも目を引く建物ですが、1階はゲストが利用できるレストランやショップになっていて、その他は東京ディズニーシー・ミラコスタの客室やビュッフェレストランとなっています。

パラッツォ・カナル

イタリアの水の都「ヴェネツィア」をイメージした作られたエリア。
カナーレ・デッラモーレという運河が流れていて、優雅なゴンドラの旅を楽しむことができます。
ちなみにカナーレ・デッラモーレというのは「愛の運河」という意味だそうです♪

特にここは夜になると、街の明かりが運河に映ってとってもロマンチック。
昼間とはまた違った顔を見せてくれます!

エクスプローラーズ・ランディング

入り口から見ると湾の向こう側にある、大航海時代のイベリア半島の要塞をイメージして作られたエリア。
ここは入り口近くのイタリアのイメージとは違い、スペインやポルトガルのような雰囲気が漂います。
要塞の中には沢山の大航海時代の展示物、港には帆船”ガレオン船”を再現した船がとまっています。

要塞のてっぺんからはポルト・パラディーゾが一望出来るので、撮影スポットとしてもかなりオススメエリア♪

バックグラウンドストーリー

ディズニーリゾートには各エリア各アトラクションにバックグラウンドストーリーがありますよね!
今回は、メディテレニアンハーバーの大半を占めるホテル・ミラコスタに関係しているバックグラウンドストーリーをご紹介します♪

ポルト・パラディーゾの三兄弟

メディテレーニアンハーバーの夜景

ザンビーニ家の長男プリモ、次男アントニオ、三男エンリコはポルトパラディーゾにある人気レストラン「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」を経営している地主の三兄弟。
ザンビーニ兄弟のレストランという何とも分かりやすい店名で助かります…笑
実際にレストランへ行ったことがない方でも、「ザンビ前」と言われる水上ショーを見る時の鑑賞場所の通称で耳にしたことがある方多いと思います。

この三兄弟はレストランはもちろん、ワイナリーやオリーブ畑も経営している大富豪…!
そんな三兄弟はある日ワイナリーを改装してレストランを開きましたが、それが大成功。
観光客が溢れかえり三兄弟の別荘をホテルに改造し、増築を繰り返していきました。

そのホテルこそが”ホテル・ミラコスタ“なんです!

メディテレーニアンハーバーの発展は、三兄弟のレストラン「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」がきっかけだったんですね。
まだ彼らのレストランに行ったことないという方は、ぜひこの話を思い出しながら足を運んでみてくださいね♪

メディテレーニアンハーバーのアトラクション

ヴィネツィアン・ゴンドラ

先ほどもお話しした通り、メディテレーニアンハーバーにはあまりアトラクションは集中していません。
しかし、去年2019年に新オープンしたソアリンを入れても4つと少ないです。
しかしイタリアの港町をゆったりとすごせるアトラクションになっています。

ソアリン:ファンタスティック・フライト

ソアリン

2019年7月23日にオープンした新アトラクション。
フロリダの2パーク、上海のパークでは以前からかなりの人気があるアトラクションなんだとか!
メディテレーニアンハーバーの丘にある「空を飛ぶ」という人類の夢を称える博物館で、世界中の大自然を旅する壮大なアトラクションとなっています。
実際に空を飛ぶわけではなく、シュミレータータイプのライド系アトラクションです。
風や匂いを感じながら、世界中を冒険できちゃいます♪

ヴィネツィアン・ゴンドラ

ヴェネツィアゴンドラ

カナーレ・デッラモーレ(愛の運河)を優雅にゴンドラで巡ります。
すれ違うゴンドラには「チャオ!」と挨拶♪
ゴンドリエさんが様々なイタリアの歌を歌ってくれたりもします!
さら誕生日にはイタリア語で誕生日の歌を歌ってくれて、皆でお祝い。

オススメは夕方から夜にかけて。
キラキラと夕日が水面に映る様子は何ともロマンチック…

フォートレス・エクスプロレーション

フォートレス・エクスプロレーション

エクスプローラーズ・ランディングにある大航海時代のインテリアや探検家、航海家などの肖像画などが飾られている要塞と、大航海時代に旅したガリオン船をモチーフとしたルネサンス号がお出迎えしてくれます。

要塞は迷路のようになっていて、子供から大人まで全員が楽しめます。
「ザ・レオナルドチャレンジ」では、フォートレス・エクスプロレーションの中を探検してミッションをクリアしていく体験型アトラクションが楽しめます♪

ディズニーシー・トランジットスチーマーライン

ディズニーシー・トランジットスチーマーライン

蒸気船に乗ってディズニーシーの船旅を楽しめるアトラクション。
ガイドゴンドラとはまた違った雰囲気を味わえちゃいます!

そんなディズニーシー・トランジェットスチーマーラインは、パーク内に3箇所乗り場があり、その一つがメディテレーニアンハーバーにもあります。
それぞれの乗り場からのコースは、昼間と夜や時間帯によっても変わりますので、事前に確認が必要です♪

オススメのレストラン

レストラン内

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ

先ほども話した通り、メディテレーニアンハーバーを発展させた大富豪の三兄弟が経営するレストラン。
主にメニューは”パスタ”や”ピザ”などのイタリアン♪
昼も夜も1200円~2200円ほどで食べれちゃいますよ!

メニューは季節によって変わったり、新アトラクションができたりするとそのアトラクションをモチーフとしたメニューが登場します。

窓際に座ればメディテレーニアンハーバーの風景を見ながら食事も楽しめちゃいます。
特に夜になるとロマンチックな雰囲気になるのでオススメです!

ゴンドリエ・スナック

もともとゴンドリエ達がコーヒーを飲んだり休憩をしていた休憩所として使われていました。
その香りと雰囲気に引き寄せられた村の人々の為に改築され、今の姿になりました。

飲み物やサンドイッチなどの軽食が販売されています!
ただ、ゴンドリエ・スナックの目玉だった”ジェラート”は2019年7月に終了してしまったのが残念…

カフェ・ポルトフィーノ

カフェポルトフィーノ

漁師達が通いつめる地中海レストラン!
好きな料理を自分でトレーに乗せてお会計するタイプのレストランで、席は約570席と結構広め。
全体的にシーフード系のメニューが多いですが、スタミナが必要な漁師達の為にチキンなどの肉料理も揃っています♪

天気がいい日には外のテラスで食べることもできるので、ショーが公演しているときは食べながら見ることもできちゃうかも!

ショーの見え方とオススメの場所

パイレーツオブカリビアンのショー

真ん中の大きな湾での水上ショーは、基本的に以下の3箇所で見ることになります。
他にも橋の上やフォートレス・エクスプロレーションからも見れますが、ショーの内容によっては真後ろ真横から見ることになる為、見にくい時があります。
今回は、抽選エリアにもなる人気の3箇所の見え方についてお話ししたいと思います♪

ザンビ前

先ほどバックグラウンドストーリーにもありました「ザンビ前」
三兄弟が経営している「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」の前の広場になります。
半円のように広がっている広場では、ダンサーさんやキャラクターを間近に見ることができます。
また、写真をとる際に「タワーオブテラー」や「SSコロンビア号」を一緒に収める事が出来るのでオススメですよ♪

しかし、風向きによるとプロメテウス火山などの煙が直にくる場所でもあるので注意です。

ミッキー広場

エントランスを抜けてすぐの所の広場。
正式名所「ピアッツァ・トポリーノ」通称「ミッキー広場」は、キャラクターたちが集まってきたりショーの正面になることから一番人気のエリアになります。
プロメテウス火山も一緒に写真に収めることも出来るメインステージです。

ショーの全体を見たい場合はこのミッキー広場がオススメ♪
大迫力のショーを楽しむことが出来ます。

しかし一番人気のため、若干見づらい場所になってしまうことがあるのが難点。

リドアイル

一番人気のミッキー広場に次いで、2番目に人気のエリア。
段差がある為、前の人の頭でショーが見えなくなる確率が他のエリアよりも低いのが最大のメリット♪
他のエリアにもキッズエリアはありますが、このリドアイルが一番見やすいのでは無いかなと私個人は思います。

ディズニーシーを象徴とする建物やアトラクションを一緒に収めることはできませんが、エリアが広くゆったりと見ることができます!
「パイレーツサマー」のような水かけイベントでは、前からも後ろからも放水されるのでびしょ濡れになって楽しみたい方はリドアイルへ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?
メディテレーニアンハーバーには何も無いのでは?と思っていた方、他のアトラクションへ行くために素通りしていたという方も結構いたんじゃ無いでしょうか?

激しいアトラクションももちろんいいですが、たまにはゆったりと優雅なディズニーを楽しんでみてはいかがでしょうか?
まだまだあなたの知らないディズニーのお話がそこにはあるかもしれませんよ!



1日1回応援のクリックしてね♪