塔の上のラプンツェルのあらすじ・ストーリー

誘拐され高い塔に18年間も幽閉されたプリンセス。「自分の誕生日に飛ぶ灯りの正体を知りたい」という気持ちから物語は大きく動き出します。あらすじ・ストーリー・キャラクターを紹介します。

塔の上のラプンツェル



楽天トラベル
東京ディズニーランド・シー
入場チケット確約プランがオススメ



11月に放送が決定したディズニーアニメーション、「アナと雪の女王」2作品。特に2は日本初放送ということもあり、期待が高まっていますね!

今回は、ディズニー・プリンセス作品の中から、アナ雪とも馴染み深いディズニー作品「塔の上のラプンツェル」を紹介いたします。アナ雪1作目でラプンツェルとユージーンがカメオ出演している話は有名ですよね。

これを機会に、ディズニー・プリンセスの物語を見てみるのもいいかもしれません!皆さんに興味を持ってもらえるよう、頑張って紹介していきたいと想います!

■作品のあらすじ

とある王国に生まれたラプンツェルは、その髪に魔法を宿していた。その魔法を独り占めするため、ゴーテルは彼女を誘拐し、塔に幽閉する。18年の月日が流れ、塔に逃げ込んできた大泥棒・フリンに取引を持ちかけ、ラプンツェルは自分の誕生日の日に現れる灯りの招待を探る旅に出る。途中追いかけてきたゴーテルに反抗したり、王国での楽しいひと時を過ごしながら、実際に目で灯りが飛ぶ姿を見る。

一度フリンが裏切ったと誤解してしまったラプンツェルは絶望するも、その騒動の中で自分の秘密を思い出す。ゴーテルはそんなラプンツェルを閉じ込めようとするも、追いかけてきたフリンが傷ついた姿を見て癒そうとする。しかしフリンはラプンツェルの髪を切り、それによりゴーテルにかかっていた魔法は解け、消滅する。そして息を吹き返したフリンとともに、ラプンツェルは城への帰還を実現する。

■ストーリーの紹介

◇太陽の花とお姫様

遠い昔、太陽の雫が落ちた場所に「太陽の花」が咲きました。この花は、不思議な歌を歌うことで治癒や若返りの魔法を授かることができ、この花を偶然見つけた老婆のゴーテルが花を独り占めにして、自身の若さを保つために用いていました。

花が咲いてから何世紀も経過し、花の根の先には大きな国ができました。その国の王妃は赤ちゃんを授かりますが病にかかり、王妃の行く末を憂いた国王は命令を下し、癒やしの力を持つ「太陽の花」を探すことにします。

ゴーテルは太陽の花が見つからないように隠しますが兵士が発見し、花は王国へ持ち帰えられてしまいます。そして王妃は、その花を煎じた薬で病から立ち直り、元気な女の子を授かります。その子は、ラプンツェルと名付けられました。

国王と王妃は、灯りをともしたランタンを空に飛ばして娘の誕生を祝いましたが、その夜、ラプンツェルの髪に花の魔法と同じ効果があることを知ったゴーテルは、お城へ忍び込み、ラプンツェルの髪を切ります。しかし、切れた髪は魔法の力を失ってしまいました。

そこでゴーテルはラプンツェルを誘拐し、国の奥深く、とても高い塔のてっぺんにラプンツェルを幽閉し、自分の娘として育てます。「外は危険な世界だから、絶対に出ていってはだめ」と常に言い聞かせ、成長するラプンツェルもその言いつけを守っていました。

それでも、ラプンツェルを完全にごまかすことはできません。国王と王妃は悲しさを忘れないため、ラプンツェルの誕生日に灯りのランタンを飛ばすことを習慣にしており、ラプンツェルも自分の誕生日に灯りが飛んでいることを知っていました。

いつかあの灯りの正体を知りたい、むしろ灯りをすぐ目の前で見てみたい・・・。幼いラプンツェルは期待と夢に満ちながら、それでもゴーテルの言いつけを守り、決して塔から出ることはありませんでした。そうして・・・18年の時が流れます。

◇知らない世界との出会い

大きくなったラプンツェルは18歳の誕生日に、ゴーテルに「外の世界を見てみたい。自分の誕生日に飛ぶ灯りの正体を知りたい。」と気持ちを打ち明けますが、ゴーテルはラプンツェルはまだ幼く、外の世界の危険性を知らないからそう言える、と知らん顔し、一度ゴーテルは塔を去ります。

しかしすぐ部屋に何者かが侵入し、慌てたラプンツェルはフライパンで侵入者の男を2回殴って気絶させ、無理やりクローゼットへ閉じ込めます。この侵入者の正体は、最近王国を騒がせている泥棒のフリン・ライダー。

彼はスタビントン兄弟という泥棒仲間とともに王城で警備されていたティアラを盗み出し、逃走劇を繰り返していたのですが、フリンは兄弟を出し抜き、逃走中に塔に通ずる隠し通路を見つけよじ登ります。

最初は初めて見る他人を恐れていたラプンツェルも、母から聞いていた人相と違うのに驚きます。そして戻ってきたゴーテルに捕まえた人の話をしようとしますが、ゴーテルは怒り狂い、強制的に話を切ります。

そこでラプンツェルは、行き帰りだけで3日かかる特別な絵の具がほしいとゴーテルに頼み、外出している隙に外へ出ることを考えます。目を覚ましたフリンから灯りの正体を聞いたラプンツェルは、彼のティアラと引き換えに、自分を灯りの場所まで案内するよう取引を持ちかけます。

最初は色仕掛けで難を逃れようとするフリンでしたが全く効かず、仕方なくラプンツェルを護衛することにします。こうしてラプンツェルは生まれてはじめて、塔の外に待ち受ける世界への大冒険に繰り出すのでした。

◇大冒険と母親との乖離

初めて草茂る大地を踏みしめ、自分が塔の外へ出たことを実感するラプンツェル。しかし喜びの反面、母親に逆らっているという罪悪感も襲いかかり、感情の起伏が激しくなります。その様子にうんざりしたフリンは、近くの酒場でラプンツェルのやる気を削がせようとします。

しかしその酒場はならず者のたまり場で、しかも既にフリンの泥棒騒動による人相書きと賞金情報が出回っていました。突き出して賞金を狙う酒場の客たちでしたが、ラプンツェルが事情を説明し必死にフリンを離すよう説得します。

ラプンツェルの話を聞いた酒場の客たちは、自分たちも夢を持っていたことを思い出し、ラプンツェルと夢を語らいます。その後衛兵たちが追いかけてきますが、ラプンツェルの勇気に免じて裏口から逃してくれるのでした。

しかし追手のスピードは思った以上に早く、さらにスタビントン兄弟まで2人に追いついてしまい、フリンとラプンツェルは絶体絶命。協力して兵士をまくことに成功しますが、ダム跡地で騒いだ影響でダムが決壊し、フリンとラプンツェルは岩山に閉じ込められてしまいます。

死期を感じるフリンでしたが、ラプンツェルはまだ諦めません。歌うことで光る自分の髪の特性を活かし、水の流れから脱出路を見つけ出すことに成功します。さらに怪我したフリンの手を癒やし、髪の魔法や自分が塔で暮らしていた理由を説明することにします。

話を聞いてラプンツェルに同情を感じたフリンは、自分の過去をラプンツェルに語ります。実はフリン・ライダーは偽名で、本名はユージーン・フィッツハーバード。自分を捨てた親がつけた名前を嫌い、小説から取った名前で生活をしていたのです。

ラプンツェルは「ユージーンの名前のほうが好き」と伝え、2人は互いに秘密を打ち明けることで一歩近づいた気持ちになりました。ひとときの幸せを感じていたラプンツェル・・・でしたが、そこへ突如、背後からゴーテルが現れたのです。

実はゴーテル、予定より早く絵の具を手に入れ、塔に帰還していたのです。もぬけの殻だった塔の中を見て一時取り乱しますが、部屋に落ちていたティアラと人相書きを頼りに酒場へたどり着き、ラプンツェルたちの通った裏道の出口へ先回りすることにします。

しかし、その出口から出てきたのはスタビントン兄弟でした。フリンのことを話す二人を利用するため、味方のフリをして近付き、ラプンツェルとフリンの追跡に協力させます。そうしてやってきたゴーテルは、あえてラプンツェルに威圧的な態度を示します。

「あなたは子供で、自分を大人だと思いこんでるだけで何もできない!」「彼はティアラが目的で、あなたを愛してるわけがない!」と強くラプンツェルを否定し、当然ラプンツェルもそれに反論。そこでゴーテルはラプンツェルを強く突き放し、その場を去ります。

手元にティアラを残されたラプンツェルは、タイミング悪く帰ってきたユージーンにぎこちない態度で接します。結局ティアラは返せずじまいになってしまいます。その様子を影で見ていたゴーテルですが、まだ手を下しません。良きタイミングのため、「果報を寝て待つ」のでした。

◇夢の実現と残る悲しさ

野宿を経て一日が明け、朝日が登ると・・・意地で追いかけてきた兵士の馬がユージーンを連れて行こうとしてしまいます!馬の名前はマキシマス。ユージーンを最前線で追いかけていた兵士隊が騎乗していた馬で、一度ユージーンと対決までしています。

最初はラプンツェルの話すら聞こうとしなかったものの、ラプンツェルの友人でカメレオンのパスカルに制されたことで落ち着きを取り戻します。ラプンツェルの同情と説得により一時休戦を受け入れたマキシマスは、彼らと王国内を共に行動することに。

ラプンツェルは、祭りで賑わう王国での一日を楽しみます。長い髪を結ってもらったり、聞こえてくる音楽に合わせて踊ったり、知らなかったことを図書館で学んだり、買い食いしたり・・・ユージーンとともに今まで味わうことのできなかった幸せを噛み締めていました。

そしていよいよ、灯りが空へ放たれる時間となります。灯りの意味を知らないラプンツェルは、ずっと楽しみだった日が目前に迫るのを感じ、不安になっていました。夢がかなったらこれからどうすればいいのか、と。

ユージーンは、そんなラプンツェルに「また新しい夢を見つければいい」と悟し、灯りが一番キレイに見える場所へ船で移動します。そしていよいよ、灯りが空を埋め尽くす時間になります。今まで夢に見た灯りに囲まれ、幸せな気持ちになるラプンツェルは、持っていたティアラを思い出し、ユージーンに返します。

ユージーンとラプンツェルは互いを想い合う気持ちに気づきますが、良いムードになっていたところで船を岸辺に戻し、ティアラを持ったユージーンは「そこで待っていてくれ」とラプンツェルを置いて一人立ち去ります。ラプンツェルは不安になりますが、すぐに影が戻ってきました。

しかしその影はユージーンのものではなく・・・スタビントン兄弟そのものだったのです。ユージーンはいち早く彼らに気づいており、追ってくる理由を悟ったユージーンは彼らにティアラを明け渡します。

しかし、彼らの目的は「ラプンツェルの髪」に変わっており、邪魔者のユージーンを気絶させ、船に縛って王国に向けて船を流し、ラプンツェルに嘘を伝えます。「ティアラを持って逃げた」と勘違いしたラプンツェルはひどく絶望し、髪を狙ってきたスタビントン兄弟から逃げようとします。

しかしそこへゴーテルが現れ、スタビントン兄弟を大木で殴って気絶させます。これも全てゴーテルの策略でしたが、そうとは知らないラプンツェルは母親の優しさと受けた裏切りへの傷で重くなった足を、ゆっくり持ち上げながらあの塔へと帰ることにするのでした。

◇呼び戻された記憶

塔に戻ったラプンツェルは塞ぎ込み、ゴーテルがいなくなってから捨てられなかったハンカチを眺めます。すると・・・そのハンカチの柄が、自身の部屋の模様と同じであることに気づき、一日の記憶をたどります。そして・・・封じられていた自分の過去を思い出します。

「私は消えたプリンセス」・・・ゴーテルにそう言い放ち、自分の生い立ちやゴーテルから受けた教育が偽りであったことを責めます。更にラプンツェルは、ユージーンがゴーテルの手で罠にはめれたことを知ります。

ユージーンはあの後国の兵士に見つかり、手にティアラを持っていたことで問答無用で捕らえられ、即日で処刑されることになってしまいます。途中、ラプンツェルに迫る危機を悟りますが、兵士たちは聞く耳を持ちません。

しかし、そこへ以前酒場で出会った客たちが総出で兵士たちに襲いかかり、ユージーンが脱出するための時間を稼いでくれました。彼らはマキシマスによって呼び出されており、マキシマスもおかしい状況を把握していました。そしてユージーンはマキシマスに乗り、塔へ向かいます。

ユージーンが塔の下からラプンツェルの名を呼ぶと、髪が降りてきました。ラプンツェルの無事を感じたユージーンは足早に塔を登ります。しかしユージーンを待っていたのは、口をふさがれ、鎖で縛られたラプンツェルの姿・・・そして背後から襲う激痛でした。

◇太陽の花の「最後」の力

部屋に入ってすぐに、背後からユージーンはゴーテルにナイフで背中を刺されます。動けないユージーンを見捨て、ラプンツェルを連れて森の奥へ逃げようとします。しかし、無理やり引っ張るラプンツェルは必死に抵抗を繰り返し、ゴーテルに取引を持ちかけます。

傷を追ったユージーンを癒やす代わりに、いつまでもずっとゴーテルと暮らすこと。それは牢獄と同じ意味を持ちますが、ゴーテルはユージーンを鎖でつなぐことを条件に取引に応じます。急いでラプンツェルは歌おうとしますが、ユージーンはそれを受け入れることができません。

それでも必死に説得するラプンツェル。「大丈夫だから」、その一言でユージーンを納得させた・・・そう思った次の瞬間、ユージーンは割れた鏡の破片で、ラプンツェルの髪を強引に切ったのです!

「切られた髪は力を失う」ため、髪は黄金から茶色へどんどん変化していきます。そしてゴーテルにかけられた魔法も解け始め、白髪になり、ガリガリの老婆になり、次第に跡形も無残な姿へ変わっていきます。そして足を踏み外し、窓から落ちて地面にたどり着く頃には灰となってしまいます。

ラプンツェルは、失った髪の力をなんとか使おうとしますが、もう歌に反応することはありません。程なくして、ユージーンはラプンツェルに愛の言葉を伝え、息を引き取ってしまいます。悲しさでいっぱいになるラプンツェル・・・彼女は涙を流します。

すると、彼女の涙に残されていた太陽の花の魔法が発動し、最後の力をユージーンに与えます。傷は癒やされ、息を吹き返したユージーンにラプンツェルは抱きつき、彼の復活を喜びます。そして2人は、愛を表すキスを交わしました。

それから2人はお城へ向かいます。実の娘の期間を知り、国王と王妃は慌てて外へ飛び出します。出迎えられたラプンツェルはぎこちない笑顔を見せながらも、父と母の抱擁に包まれながら、自分の帰還を感じ取るのでした。

それから程なくして、ラプンツェルはユージーンと正式に結婚します。ラプンツェルは国を治めるにふさわしい優しさを持ち続け、王国をずっと見守り続けました。ユージーンとともに、自分が生まれたこの国を守るため、これからも王女として歩み続けるのです。

■登場人物の紹介

ここでは、特に主要な登場人物を5名紹介しています。見出しは「キャラクター名(担当役者・英語声優/日本語声優)」の順で記載しています。

◇ラプンツェル

塔の上のラプンツェル

画像出典:角川文庫

物語の主人公。ディズニー・プリンセスの1人。18歳。

幼い頃に誘拐され、塔に幽閉に近い状態で閉じ込められたまま育つ。不自由はしなかったものの、自分の誕生日に空を埋め尽くす灯りの正体を知りたいと思っている。塔に忍び込んだフリンの所持品を使って取引を持ちかけ、それをきっかけに外の世界へ旅立つことになる。

◇フリン・ライダー/ユージーン・フィッツハーバード

泥棒。23歳(TVシリーズより逆算)。

指名手配されるほどの悪行を重ねるも、身軽な成りと美形な顔を使ってうまくやりくりしているため、なかなか捕まらない。王城からティアラを持ち出したことで兵士たちから逃げる中、塔に逃げ込む。そこでラプンツェルと出会い、彼女の取引から護衛をすることになる。

◇パスカル

ラプンツェルと共に暮らすカメレオン。

通常のカメレオン以上に周囲の物体への溶け込みが早く、この技を用いたかくれんぼでラプンツェルと遊ぶのが日常。塔の外へ出るときも付いてくるが、パスカルの冷静な判断や伸びる舌の活用で旅が動くことも。

◇マキシマス

フリンを追いかける警護隊長が騎乗する馬。

ジェスチャーや表情が豊かで、人でもマキシマスの考えが読み取れるほどの表現力をもっている。かつ知能にも長けており、フリンを捕まえることに執着心を抱いている。追跡の末見つけるも、ラプンツェルの説得で一時休戦し、王国内を共に行動することに。

◇マザー・ゴーテル

ラプンツェルを誘拐し、実子として育てた老婆。ディズニー・ヴィランズの1人。

「太陽の花」の力を長年独り占めしており、その年齢は数百年と言われている。後にラプンツェルに力が宿ったことを知り、彼女を誘拐して自身の子供として育てる。最後はユージーンが髪を切ったことで魔法の力がなくなり、灰も残らずの状態で消失する。

■監督の紹介

◇バイロン・ハワード

活動期間:1994年~現在
監督作品:「ポカホンタス」「ムーラン」「ブラザー・ベア」など
エピソード:アニメーターとしての参加が多く、監督自体は「ボルト」が初めての作品だった。

◇ネイサン・グレノ

活動期間:1996年~現在
監督作品:「チキン・リトル」「ルイスと未来泥棒」「アナと雪の女王」など
エピソード:コロンバス芸術大学を卒業後すぐにディズニー・アニメーション・スタジオに入社し、数々の作品を手掛ける。

■まとめ

プリンセスは数多くいますが、ラプンツェルは元気さが取り柄だけあって他のプリンセスとはちょっと違うところがいいですよね!行動力もあるので、物語でも自分の信じるままに進もうとする姿は本当に素晴らしかったです。

今回はストーリーの紹介をしましたが、これだけでは歌や映像の美しさはお伝えすることができません・・・なので、ぜひ皆さんも作品を目で見てお楽しみください!