入場制限

ディズニーランド、ディズニーシー入場制限

ディズニーランド、ディズニーシーは入園者数がものすごく多い日は、入場制限が行われます。
その場合は、日付指定券を持っている人や当日券を購入済みの人など限られた人以外は入場することができません。

制限されると夕方ぐらいまで解除されずに入場できないこともありますよ

入場制限が行われた日

2016年は春休みに3回、10月3連休に1回の合計4回入場制限が行われました。(片方のパークだけ入場制限の日も含む)
2017年は2月に2回と10月に入場制限が行われました。

2018年は2月11日(日) D23 EXPO JAPAN開催日や、3月27日(火)、3月31日(土)、4月29日

9月16日 3連休中日にはディズニーランドが10時50分から18時30分、ディズニーシーが12時55分から18時と
夜まで入場制限が行われました。

9月23日(3連休中日)はディズニーランドは9時20分とかなり早くから入場制限され16時30分まで。
ディズニーシーは11時15分から16時まで制限されていました。

10月21日はハロウィンイベント真っ最中なので、入場制限がされました。
ディズニーランドは18時、ディズニーシーは17時に解除されました。

入場制限

スポンサーリンク

入場制限

最近はディズニーランドは工事中のためエリアが少し縮小しており、そのために従来よりも入場制限を行う基準人数が減っているという憶測があります。
また35周年のため2018年は大勢の来場者が来るので入場制限になりやすい ということもありますね。

ちなみにディズニーランドでは6~7万人、ディズニーシーでは4~5万人ぐらいが入場制限の目安になるようです

入場制限時でも入場できるチケット

入場制限が行われていても、誰も入場できなくなることはありません。
下記のチケットであれば入場することができます。

・当日券
・ディズニーeチケット 日付指定券
・ディズニーホテルの宿泊ゲスト
・スポンサーパスポート(混雑時にも入園できる と記載があるチケットのみ)
・観光券(引換券、予約券、バウチャー)

入場制限時に入場できないチケット

・ディズニーeチケット 日付指定なし
・スポンサーパスポート(入場制限時は入場できませんと記載のチケット)
・年間パスポート

ディズニーシー入場制限の瞬間

この記事を読んだ方に読まれている記事!!