ディズニーシー空いている日ベスト5。待ち時間が短い日はいつ?

こんにちは!ライターのあんにんです♪
今回は2018年ディズニーシー一が番空いていた日ベスト5をまとめてみました!
昨年のデータは今年も来年も同じようになる傾向があるので、ディズニーに行く日を決めるのに参考にしてみてくださいね(*´▽`*)

閑散期を見分ける基準

今回、空いている順番をどのように決めるのかを説明しておきたいと思います!

アトラクション&レストラン待ち時間

単純に待ち時間が長い日は混雑しているという事になりますので、そこを重点的に見ます。
その中でも重要なのが、人気アトラクションを見るのではなく「いつも5~10分待ちのアトラクション」に注目してみると変化に気が付きやすいですし、それが混雑しているという事は人気アトラクションも比例して混雑しているという事なのです。

また、レストラン待ち時間も参考になります。
正直アトラクションに並ぶよりも過酷なのがレストラン待ちだと思います。
何故ならただでさえお腹を空かせて来たのに待たされるという、ストレスMAXな行為をしているからです(;^ω^)
混雑日のレストラン待ち時間を把握する事で、絶対そんなに並びたくない!
または、この時間帯ならまだマシだな!と何時に行けば良いのか等も見えてくるので案外重要です。

FP発券状況

FP発券状況もかなり大切な情報となります。
例えば空いている日はFP発券をしていなかったり、途中まではしていたけど中止になったりする場合があります。
理由として現実時間がFP時間に追いついてしまうからです。
例えば10:00~11:00のFPが発券されているとき、100人の人が取得したら次の時間になるとします。混雑日は数分で100枚が終わりどんどん次の時間帯に変わるのですが、閑散日はいつになっても100枚が無くならないのです。

そうするとずっと10:00~11:00のままなのでいつか現実時間が10:00になってしまいますよね?
それが想定される場合等に発券中止になる事が多いのです。
つまり、FPが発券されていない=パークが空いている事を象徴しているのです。
ディズニーシーであればマジックランプシアターやマーメイドラグーンシアター、海底2万マイルですね。
とにかくFP発券状況は、混雑度を表す簡単なデータとなりうるのです♪

閑散期ベスト5を発表!

混雑基準を踏まえたうえで、閑散期ベスト5を発表したいと思います!
正直言ってこの時期のパーク事情を知れば、もっとディズニーに行きたくなると思いますよ(^^♪

閑散期第5位~春キャン明け4月中旬~


毎年1月頃~開催される春の学生キャンパスデーが終わった4月上旬(7日~)は空いています。
春キャンでは最大1,000円程安くなるので学生にとってすごく嬉しい事ですし、丁度卒業ディズニーという事でみんな遊びに行きます。
その時期はハッキリ言って地獄のような混雑なので避けるのが賢い選択だと思います。

そこで、春キャンが終わった時期は+春休みの終わりでもあるので学生たちはみんな始業式やら入学式やら忙しくなります。
社会人たちも新年度で慌ただしい時期なので、世間全体的に遊ばない流れがあるのです。

そんな時期を狙って行けば間違いなく閑散したパークを楽しむ事が出来るはず!
その上大人気春のイースターも開催されているので春のイベントを楽しむ事も出来ます♪

気候にも恵まれる季節ですから、とても狙い目です!!

閑散期第4位~9月上旬~


ズバリ、夏休み明けは空いております…!
大学生はまだ夏休みの所も多いかもしれませんが、中学生までの子供たちはまず学校で行けない人が多数だと思います。

私自身もこの季節に友達をディズニーに連れていく事が多いです!
そして特に季節イベントがやっていないのでポジティブに言うと、シンプルなそのままのディズニーシーを見る事が出来ます!とはいえ、ハロウィングッズやハロウィンフードは既に発売されているので一足先にハロウィンを満喫出来る点が良いですね(*’▽’)

また9月4日はディズニーシーが開園した日なのです!
その為、その日の朝一のアトラクションの待ち時間は周年の数字になる事があるのです!
例えば2017年9月4日にディズニーシーへ行った際は朝全てのアトラクションが16分待ちになっていました☆

今年は18周年なので、18分待ちが見られるかも?
いつもなら楽しめないパークを楽しめる季節なのでオススメです(*´▽`*)

閑散期第3位~ハロウィン当日~


これに関しては意外ですよね!私自身も明確な理由は分かりませんが、恐らくDヲタさんは沢山来ているかと思います(笑)
何故ならハロウィンショーやパレードの最終日ですからみんな見納めに来るのです!
でも、普通の方たちはむしろ渋谷に行って騒いだり楽しんだりするのを楽しみにしているのかもしれませんね♪
ハロウィンの日にディズニーへ行くという考えがそんなに浸透していないからだと思います!
これはかなりのチャンスだと思いますので、是非狙ってみて下さい☆

閑散期第2位~正月明け1週間~


まだまだ寒い時期ですが、かなり閑散としています!!
正月明け=冬休みや年始休暇の終わりですよね?
子供たちは冬休みの宿題が終わっていなかったり、大人他達も溜まった仕事を片したりととにかく忙しくなります。
この時期にディズニーに行っている方は賢いですね☆

1つだけデメリットがあるとするならば、開園時間と閉園時間が変則になります。
例えばいつもは8:00~22:00でも、その時期は10:00~19:00のようになる日があるのです。
パークに居られる時間が短くなるので行くのはちょっと気が引けるのは分かります。

しかし、その代わりめちゃくちゃ空いていますのでハッキリ言って混雑日に行くよりも多くのアトラクションに乗る事が可能ですし、レストランの事前受付も比較的ギリギリまで空席があるので楽チンです♪

実際私はこの時期学校帰りに寄った事がありますが、タワテラの平均待ち時間が30分という驚異です。いつも100分位待って乗っている物が三分の一の待ち時間で乗れると思えば美味しい話ですよね?本当にオススメの時期です!

また、必ずパークの営業時間を確認してから行くようにしましょうね(´-`*)

閑散期第1位~GW明け翌日~


一番の閑散期且つベストシーズンはGW明けの翌日です!!
この日はとてつもなく空きます、間違いなく空きます。
ちなみに昨年のその日はインディジョーンズが終日5分待ち、今年のその日はセンターオブジアースの平均待ち時間が35分という驚異のガラガラ具合です!!
トイストーリーマニアでさえ平均待ち時間は59分でした。
そしてトイストーリーマニア以外すべてのアトラクションのFPが発券中止されていました。相当空いていますよね!!

花粉症も落ち着き気候も安定し、過ごしやすさとしてベストシーズンながらもこれだけガラガラのディズニーを楽しめる最高な日です!
あまり教えたくないくらいですが、是非来年は検討してみてくださいね(*’▽’)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ポイントとしては、大型連休やシーズンが明けた時が空くという事です!
例えば春キャンでパスポートが安くなるのは良い事ですが、トータルで乗れるアトラクションや観られるショーの数等を考えると、春キャンが終わった頃に行く方が満足度は高いかもしれませんね。

この傾向は昨年に限らず例年なので、是非次ディズニーに行く時に参考にしてみてくださいね(*´▽`*)
今度は反対に混雑期ワースト5の記事も書く予定なのでそちらもご覧になってみて下さいね!!


USJ



ディズニーランド


1日1回応援のクリックしてね♪


ディズニーシー