ミュージカル界の若きプリンセス!木下晴香さんのプロフィールと魅力を紹介

木下晴香
木下晴香
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

ミュージカル界で活躍する若き才能の中でも、数々の魅力的なヒロインを演じ、観客を虜にしているのが木下晴香さんです。
木下さんは高校生で人気ミュージカルのヒロインに選ばれ、その後もミュージカル女優として多くの話題作に主演しています。

ディズニー実写映画の「アラジン」のジャスミン役としても知られる木下さんの芸能界デビューは、歌番組への出演がきっかけでした!

今回は、木下晴香さんのプロフィールと魅力をご紹介します♪

■木下晴香さんのプロフィール


出典:木下晴香さん公式Instagramアカウント

出身:佐賀県鳥栖市
誕生日:1999年2月5日
年齢:24歳
血液型:O型
ファンからのニックネーム:晴香ちゃん
ミュージカルデビュー作:ミュージカル「赤毛のアン」
主な舞台出演作:「ロミオとジュリエット」、「モーツァルト!」、「ファントム」、「アナスタシア」 、「プロデューサーズ」、「王家の紋章」など

木下晴香さんが本格的にミュージカル女優を目指そうと思ったのは、高校2年生のときに見たミュージカル「レディ・ベス」がきっかけだったそう。
幼い頃から歌うことやミュージカル鑑賞が好きだったようで、子どもミュージカルに所属して活躍していました。
小学生の頃に劇団四季ミュージカル「ライオンキング」の子役オーディションを受けていますがそのときは不合格だったようです。

16歳の頃、2015年に開催された音楽番組「全日本歌唱力選手権 歌唱王」に出場し、決勝に進出すると、その歌声がきっかけでスカウトされることに。
そのスカウトした人物こそが、現在木下さんが所属する芸能事務所トライストーン・エンタテイメントの社長だったのです。
音楽番組をきっかけに、圧倒的な歌唱力を見出された木下さんは、若きミュージカル界のプリンセスとして活躍しています。

■名演出家に認められ高校生でジュリエットに!観客の心を動かす女性キャラを好演


出典:ミュージカル「ロミオとジュリエット」公式YouTubeチャンネル

木下さんの歌番組での歌唱は、日本ミュージカル界の顔とも言われ、「エリザベート」や「モーツァルト!」などの名作を手掛けた小池修一郎さんの目にも留まりました。
オーディションを経て、木下さんは小池さんが演出する人気ミュージカル「ロミオとジュリエット」に、ジュリエット役として出演。
このとき木下さんは高校在学中で、期待の新人のW主演(もう1人は生田絵梨花さん)が話題になりました。

小池修一郎さんは、ジュリエットを見事に務めた木下さんのことを「これから大変な活躍をすると思う」と期待を寄せていたそう。
その言葉の通り、その後も木下さんは「モーツァルト!」のコンスタンツェ、「ファントム」のクリスティーヌ、「王家の紋章」のキャロルなど、数々のミュージカルのヒロインを務めています。


出典:東宝演劇 YouTubeチャンネル

直向きなヒロインからセクシーな美女まで、木下さんが演じる女性はどれも生命力に溢れ、観客が思わず応援したくなるキャラクターばかり。
熱が込もっているのに繊細で透き通るような歌声には、ミュージカル名演出家が認めたというのも納得です……!

■実写映画「アラジン」のジャスミン役プレミアム吹替を担当


出典:ディズニー・スタジオ公式Instagramアカウント

木下晴香さんの名前がミュージカルファン以外にも知られるきっかけとなったのが、ディズニー映画『アラジン』です。
木下さんはプレミアム日本語吹き替え版にて、ジャスミン役を務めました。
オーディションに合格したとき、木下さんは涙が出るほど嬉しかったそう。
幼い頃から、ディズニープリンセスの中でもジャスミンが大好きだったようです。

それまで木下さんは、ミュージカルで同じ役を複数の俳優が演じるダブルキャスト・トリプルキャストとして出演することが殆どでした。
ジャスミン役は、台詞も歌唱も木下さん1人が担当。おまけに初めての吹替の仕事ということで、自分らしさを役に重ねて木下さんらしいジャスミン像を作り上げたそう。
実写映画オリジナルのジャスミンのソロナンバー「Speechless」は、映像から溢れるエネルギーに合わせて、練習時とは歌い方を変えて臨んだと言います。
ジャスミンが力強く心の叫びを歌った「Speechless」は音の高低差やロングトーンが多いのですが、木下さんは自身の代表曲として見事に歌いこなしています。


出典:ディズニー・スタジオ公式Instagramアカウント

同じくプレミアム日本語吹き替え版でアラジン役を務めた中村倫也さんとは、2019年に紅白歌合戦に出場し、「A Whole New World」をデュエットしました。
音楽番組に一緒に出演することが多く、舞台でも度々共演していた中村倫也さんとは「付き合っているのでは?!」という噂もあったようですが、もちろんこれはただの噂にすぎません。

■2度目のタイトル・ロールを演じるアナスタシア


出典:木下晴香さん公式Instagramアカウント

木下晴香さんは2023年9月から10月にかけて、ミュージカル「アナスタシア」で主人公のアーニャ役を務めています。
「アナスタシア」は、皇女アナスタシア生存の噂が流れる帝政末期のロシアで、記憶喪失の少女アーニャが自分の帰るべき場所を求め旅するドラマチックな物語です。


出典:公式梅田芸術劇場チャンネル公式YouTubeチャンネル

木下さんがアーニャを演じるのは、今回が2回目。
2020年に日本初演を迎えた本作は、コロナウイルスの感染拡大により公演の大半が中止となりました。
今回の再演では、初演時と同様に木下さんは葵わかなさんとダブルキャストでアーニャ役を演じます。
ひたむきで真っすぐ、そしてちょっぴり癇癪持ちなアーニャは、思わず見ていて応援したくなるヒロインです。
木下さんがのびやかに歌うアーニャのソロナンバー「Journey to the past」は、聴きごたえたっぷり!
ぜひ劇場でその美しい歌声を堪能してみてはいかがでしょうか?

■今後の出演作品


出典:木下晴香さん公式Instagramアカウント

ミュージカル「アナスタシア」・・・2023年9月12日~10月7日(東京)、2024年10月19日~10月31日(大阪)

ミュージカル「ベートーヴェン」・・・2023年12月9日~12月29日(東京)、2024年1月4日~1月7日(福岡)、2024年1月12日~1月14日(名古屋)、2024年1月19日~1月21日(兵庫)

「カウントダウンミュージカルコンサート2023-2024」・・・2023年12月31日(東京)

木下晴香さんが「アナスタシア」の次に出演するミュージカルは、日本初演の新作ミュージカル「ベートーヴェン」です。
こちらは「モーツァルト!」や「エリザベート」などの人気ミュージカルを手掛けた脚本家ミヒャエル・クンツェと作曲家シルヴェスター・リーヴァイのゴールデンコンビが手掛ける作品。
さらに井上芳雄さんや花總まりさんといった人気ミュージカル俳優がこぞって出演し、ミュージカルファンの間で注目を集めています。
木下さんは、ベートーヴェンの想い人・トニの義理の妹ベッティーナ・ブレンターノ役をシングルキャストで演じます。
どのような女性像、どのような歌声を披露するのか、今から楽しみですね!

■まとめ

抜群の歌唱力を持つミュージカル界の若きプリンセス、木下晴香さんをご紹介しました。

若干24歳で名作ミュージカルに次々と出演する木下晴香さん。
今は若いヒロイン役が多いですが、いずれは、「エリザベート」のシシィ役や「レ・ミゼラブル」のファンテーヌ役などの大人の女性も見てみたいなと密かに期待を寄せてしまいます!
これからの木下晴香さんの活躍に、目が離せませんね♪