【USJ】ホテル・アルバート2~レクイエム~を全力で楽しむための予習と復習!【ハロウィン】

2019年9月7日から11月4日まで期間限定で開催のユニバーサル・スタジオ・ジャパンのハロウィン・ホラーナイト
大人向けのコンテンツをたくさん用意した“大人ハロウィーン”が今年も開催決定となりました!
2018年に初開催され、人気のあまりチケットがなくなってしまったという『ホテル・アルバート』が、さらにパワーアップして再登場ということで、より楽しむために、2018年版の復習と、2019年版の予習をしていきたいと思います♪

そもそも『ホテル・アルバート』って?

『ホテル・アルバート』とは、2018年にUSJの大人ハロウィーンのコンテンツのひとつとして登場した“完全没入型ホラー体験”ができる期間限定アトラクションです。

ショーの本場といわれるニューヨークでは“イマーシブシアター”という観客参加型のショーがあり、『ホテル・アルバート』はその日本版のようなものですね。
最近では“リアル脱出ゲーム”や“リアル謎解きゲーム”など、実際に自分の目で見て・聞いて・触れて楽しめるコンテンツがたくさんありますが、そのホラー版といったところでしょうか。

「ふつうのお化け屋敷と何が違うの?」という点では、私達参加者は“観客”という立場ではなく“登場人物”という立場になります。
なので、声をかけられて会話をしたり、触れられたりすることもあります。
まさに“完全没入”を体感できる、特殊なショーアトラクションとなっています。

観劇がお好きな方や、ミステリー好きな方、ゴシックな雰囲気が好きな方や、没入型ゲームが好きな方などには、とくにおすすめしたいコンテンツです♪

開催場所やチケットなどの基本情報

開催場所:ステージ18
年齢制限:R15(中学生以下×)
開催時間:10:00~パーククローズ
所要時間:体験時間約60分+ラウンジ利用時間
チケット:有料。2種類(税込5480円~)

▼ホテル・アルバート2~レクイエム~体験チケット:5480円(税込)
・ホテル・アルバート2~レクイエム~体験
・ホテル・アルバート・ラウンジ(VIP)

▼大人ハロウィーン・ゴージャスセット(エクスプレス・パス):10500円~11500円(税込)
※入場日によって価格が異なります。
・『ホテル・アルバート2~レクイエム~』体験
・ホテル・アルバート・ラウンジ(VIP)、
・ホテル・アルバート・フォト・オポチュニティ(オリジナル台紙付)
・『ブラッド・レジェンド』のエクスプレス・パス、
・ホラー・レストラン『パークサイド・グリル~呪われた薔薇の宴~』優先案内

『ホテル・アルバート2~レクイエム~』を楽しむための予習と復習!

アトラクションをより楽しむために、2018年の内容を復習しつつ、注意点や見所などを確認していきましょう。

まずは事前に注意事項を確認!

『ホテル・アルバート』には事前に確認しておきたい注意点が複数あります。
公式のサイトにも、利用基準や注意事項などがたくさん記載されていて、全て事前に一読いただきたい内容ではあるのですが、特に重要な部分を再確認しておきましょう。

1.『4階建ての建物内を移動するホラーメイズ』
4階建ての建物内を上から下まで移動します。
2018年では階段を上り下りする移動が複数ありました。
足元が不安定になるようなヒールの高い靴や、つま先やかかとが露出しているような靴はご遠慮くださいとの記載があるので、歩きやすい安定感のある靴を用意しておきましょう。

2.『荷物の持ち込みは一切不可』
2018年時には、アトラクション入り口に、体験者専用のロッカーが用意されていました。
そこまで大きくないロッカーなので、大きい荷物を持っている方は、ほかの大きいサイズのロッカー利用が必要になります。
館内はラウンジ以外全て撮影・録音・録画が不可となっています。
アトラクション体験へスマホなどの荷物も全て持ち込みできないので、事前に荷物をまとめておくなどをしておくと便利です。

3.『演出の都合上、出演者がゲストに触れるシーンがある』
没入型の醍醐味のひとつといっても過言ではない“登場人物との接触”ですね。
会話的な接触も、物理的な接触もありえます。
必ず全員にあるとも言い切れませんが、その可能性があることを了承したうえで参加してくださいね。

4.『誓約書への同意と提出が必須』
ネタバレとなる発言を口頭文面問わずSNS等で発信しないなど、複数ある注意事項など全てに同意したうえで、日付と氏名を記入した誓約書の提出が必須となります。
ルールは必ず守り、クルーの指示には従いましょうという内容のものですね。

アトラクションの流れを復習!

1.集合
体験時間の30分前~5分前までが集合時間に設定されています。
2018年では、体験回ごとに分けられたリストバンドが配布されました。
そして、アトラクション入り口にある体験者用のロッカーへ荷物を全て入れます。
サイズはよくあるコインロッカーの一番小さいサイズほどしかないので、大きい荷物は事前に別の場所へ預ける必要があります。

2.アトラクション体験
誓約書へ記入と提出を済ませると、いよいよアトラクションの体験です。
体験時間は約60分間。
2018年ではランダムに別々の部屋へ案内され、一緒に入った友人等とも遠慮なく離される形となっていました。
その後合流することはありましたが、離れている間に体験した内容はそれぞれで、他の部屋の内容がとても気になる体験時間となっています。

3.ラウンジ利用
アトラクションを一通り体験し終えると、ラウンジを利用することができます。
ドリンクが4種類から選べるようになっています。
 ロワイヤル・ピンク(ノンアルコール)
 トワイライト(アルコール)
 ナイトメア(ノンアルコール)
 レディ・キラー(アルコール)
2018年とは一部メニューが変更されていますが、どれも雰囲気に合わせたチョイスですよね。
離れていた間にそれぞれがどんな内容を体験したのか、ラウンジでドリンク片手にぜひ話し合ってみましょう。

より楽しむためのコツとは!?

普通に参加をするだけでも楽しい『ホテル・アルバート』をより楽しむためのコツをいくつかご紹介!

服装でより世界観に没入!

ラウンジの写真にもあるように、シャンデリアなどが飾られたラグジュアリーな空間となっています。
なので、ちょっとオシャレなレストランに行く時のような、少しかっちりめの服装がおすすめです。
2019年は『レースの仮面を着けての体験』と記載があるので、レースの仮面に合いそうな服装とイメージすると分かりやすいかもしれません。
服装を世界感にあわせるだけで、ぐっと没入感が増すので、ぜひ試してみてください。

観客ではなく登場人物になりきる!

ショーとなると客観的に見てしまいがちですが、『ホテル・アルバート』では全ての人が登場人物となります。
『これから自分の身に何が起こるのか!?』とドキドキしながら、物語に巻き込まれる主観的な視点で物事を楽しむと、より濃厚な時間を体験できます。

ラウンジで交流をして真相を探ろう!

『ホテル・アルバート』では人それぞれに体験内容が異なります。
全体的な大筋のストーリーは誰にでも分かるようになっているのですが、さらにそれぞれの話を聞くことで、ストーリーの細かい部分が分かるようになってくるのです。
そして、細かいことを知れば知るほどに、少しずつ感じる違和感の正体とは……?
謎が謎を呼び、真実が気になるあまり、もう一度体験したくなる、そんな沼が深いコンテンツとなっています。

ホテル・アルバート2~レクイエム~まとめ

・開催期間は2019年9月7日から11月4日まで
・体験できる有料チケットは2種類(税込5480円~)
・開催場所はステージ18
・大人向けの完全没入型ホラーコンテンツ
・R15で、ホラーレベルは人により異なる
・普通のお化け屋敷とは一味も二味も違う、接触ありでさらなる没入感
・ラウンジでは他の人の体験内容を聞くと、より真相に近づける…!?

ネタバレ不可なので、細かいことをお伝えできないのがとても残念なのですが、こればかりは“体験するのが一番!”です(笑)
ユニバのハロウィンは年々大盛況をおさめているので、2019年の開催が待ち遠しいですね!


USJ



ディズニーランド


1日1回応援のクリックしてね♪


ディズニーシー