【ミッキーの裏話!実はミッキーって…】

ディズニーといえばミッキーは切っても切れない存在。
皆さんはミッキーの事をどれだけ知っていますか?

今回はプロフィールから秘密まで、ミッキーの裏話をご紹介したいと思います♪

ミッキープロフィール


名前:ミッキー・マウス
誕生日:1928年11月18日
身長体重:96.5cm、10.4kg
血液型:B型
国籍:アメリカ合衆国
出身:ニューヨーク
種類:白ハツカネズミ
仕事:映画俳優、テーマパークホスト、ナイトジャズクラブオーナーなど…

ミッキーの噂・裏話

1,ミッキーの指の秘密


ミッキーの指に何か違和感を覚えた方、いませんでしょうか?
実はミッキーの指は4本指なんです。

理由は2つあげられます。
・人間とは違う存在だという差別化
・映像を作る際の問題

人間とは違う存在だという差別化

気付いている方もいると思いますが、ミッキーだけではなくミッキーの恋人ミニーや友達のグーフィーも4本指。そして皆白い手袋をしています。
ではそれはなぜか。
白い手袋をしているキャラクターは人格があるとされています。
その証拠にグーフィーと同じ犬のキャラクターである、ミッキーの飼い犬”プルート”は白い手袋をしていません。
ドナルドとデイジーは手袋をしていませんが、同じように4本指をしています。

完全に動物ではないが、人間とも違うという差別化をしたのではないかと思います。

ちなみに、実際のハツカネズミも前足の指は4本。
退化した親指がちょこんと付いていて厳密に言うと5本ですが、機能しているのは4本という事になります。

映像を作る際の問題

当初ミッキーの指は5本の予定でしたが、映像を作る際に問題が生じたのです。
当時まだ映像技術が未熟で、5本指の手を動かすと6本指に見えてしまい不気味になってしまったそう。
見た目的にも書きやすさ的にも4本がいいとなったわけです。
ウォルトは「指が5本あると、まるでバナナがぶら下がってるみたいに見える」と言ったそう。

では、もっと書きやすく見やすく3本にしては?と思った方もいると思います。
3本指にしてしまうと、人差し指を刺すようなポーズをした時にまるで中指を立てているように見えてしまうというわけです。
ミッキーが中指を立てるという事はあってはありませんね…

この2点が、ミッキーが4本指である理由としています。

2,ミッキーの声優

皆さんミッキーの声優さんはどなたが担当していらっしゃるかご存知ですか?
去年の秋にミッキーの声が変わった!と話題になりましたね。

実は今の声優さんは3代目。
初代は「クレヨンしんちゃん」でおなじみの園長先生の声を演じている”納屋六郎さん”
2代目は、なんと東京成徳大学教授の”青柳隆志さん”
青柳隆志さんは1991年から2018年まで、長期にわたってミッキーの声を担当しました。

きっと皆が聞いてきたミッキーの声は、青柳隆志さんの声だという方が多いのではないでしょうか?
私も生まれてからずっとミッキーの声は青柳隆志さんでした。
現在青柳隆志さんは体調を崩されていて、ミッキーの声も交代という事になったようです。

そして現在の日本語ミッキーの声優さんは”星野貴紀さん”
アイシールド21などで活躍している声優さんです。
まだ少し違和感はありますが、ミッキーらしい明るくて元気いっぱいな声ですね♪

さて、アメリカでの初代ミッキーの声を担当した方はどなたかご存知の方いらっしゃいますか?
実は最初のミッキーの声を担当したのは、ウォルト・ディズニー本人なんです!
ミッキーが初めて発言した言葉「ホットドック!」は有名だと思いますが、その言葉を発したのはウォルト本人ということになりますね。

とっても貴重な声。聞いた事がない方は、ぜひ聞いてみてくださいね♪

3,最初は”ミッキー”という名前ではなかった?!


ミッキーの名前は最初”ミッキー”ではなかったという事を皆さん知っていましたか?
当初ウォルトはミッキーに「モーティマー」という名前をつけようとしていました。
しかし、ウォルトの奥さんリリアンから「モーティマーという名前は可愛くないわ!」という意見をもらい、モーティマーからミッキーという名前に変更されました。

ミッキーというのはマイケルの愛称。
当時アメリカではアイルランド系移民への差別があり、アイルランド系移民への蔑称として”ミッキー”が使われていました。
ウォルト自身がアイルランド移民の子供であることから、あえて自分のキャラクターにミッキーという名前をつけたと言われています。

ちなみにモーティマーの名前に聞き覚えはありませんか?
そう、モーティマーはミニーの幼馴染でミッキーの恋敵として登場しています。
モーティマーは背が高く、大きい前歯が二本、大きな鼻が特徴のネズミです。

ちなみにミッキーのおじの名前もモーティマーマウスですが、ミニーの幼馴染のモーティマーとは別ネズミのようです。

4,ミッキーの耳

ミッキーの耳の中には、脳みそが詰まっているって皆さん知っていましたか?
実際のハツカネズミは普通考えて耳に脳みそは詰まってませんよね…

1995年に公開された「ミッキーのアルバイトは危機一髪」という映画で、ミッキーの耳に脳みそが詰まっているという証拠の映像があります。
かなり衝撃的なミッキーの姿…

ミッキーはミニーと喧嘩してしまい、仲直りの印にミニーをハワイへ連れて行く事になりました。
しかし費用がなく、怪しい高額バイトをする事に。
その際、機械に座り体をスキャンされるのですが、そのスキャンされた映像にはミッキーの耳まで詰まったピンクの脳みそが映し出されています。

という事はミッキーの耳は平べったい耳ではなく、こんもりとした耳なのでしょうか…?
耳の穴は?聞こえてるの?頭痛がする場合は耳痛も…?
様々な疑問が出てきますが、そこは夢と魔法の世界。
深く考えない事にしましょう…笑

5,各地で名前が違う?!


ミッキーが生まれたアメリカ合衆国では、ミッキーの名前はもちろんミッキー・マウスです。
私たちが住んでいる日本でも、ミッキーの名前はミッキー・マウスですよね?

しかし、他の地域では”ミッキー”という名前ではない場所があります。
中国:米老鼠(ミィラオシュウ)
イタリア:トッポリーノ
スペイン:ラトン・ミゲリート
フィンランド:ミッキ・ヒーリ
インドネシア:ミッキ・ティクス
などなど、各国で名前が全く違うところもありますね!

では少し各国の名前の意味を調べてみましょう。

中国で呼ばれている”米老鼠”
米は”ミッキー”の発音を中国語に当てた物。
老鼠は、そのままミッキーがネズミだという事を表す物。
別に「歳をとっているネズミ」という意味ではないみたい…

イタリアの”トッポリーノ”は、そのまま”ハツカネズミ”という意味。
スペインの”ラトン・ミゲリート”は、ラトンがネズミという意味でミゲリートはミッキーのスペイン語名という事になります。

この他にもミッキーをその国で違う呼び方で呼んでいる国もありそうですね。
各国で呼び名が違うだなんて、なんだか不思議!

ミッキーの秘密 まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は皆大好きミッキーの秘密をドドンとご紹介しました。

どの国でもミッキーはミッキーという名前だと思っていましたが、まさか各国で呼び方が変わっていたとは知りませんでした。
海外のディズニーリゾートへ行った際には、その国の呼び方でミッキーの名前を読んでみてはいかがでしょうか?


USJ



ディズニーランド


1日1回応援のクリックしてね♪


ディズニーシー