-->

ディズニーシー2023年度オープン予定の新エリア【ファンタジースプリングス】って?

今年2020年は東京ディズニーランドで【ニューファンタジーランド】がオープンします!
実は、東京ディズニーシーでも新しく大規模拡張プロジェクトとして新エリアがオープン予定なんです…!

今回は、まだまだ謎が多い新エリア【ファンタジースプリングス】について、現在明かされている情報をもとにご紹介していこうと思います。

大規模拡張プロジェクト…!

ファンタジースプリングス


2018年6月14日にプロジェクト発表、2019年5月21日の起工式で新エリアの正式名が発表された新テーマポート【ファンタジースプリングス】
このファンタジースプリングスがオープンする事によって、東京ディズニーシーは約2割拡張する事になります。
ファンタジースプリングスの面積は約14万平方メートルで、もともと駐車場だった場所があてられます。

現在東京ディズニーシーには7つのテーマポートがあります。

・ディズニーシー玄関口であるメインエリア「メディテレーニアンハーバー
・火山などの地底世界をイメージした「ミステリアスアイランド
・20世紀初頭のアメリカをイメージしたエリア「アメリカンウォーターフロント
・自然と科学が調和する未来的なエリア「ポートディスカバリー
・アリエル達が暮らす地底王国エリア「マーメイドラグーン
・神秘的なアラビアンナイトエリア「アラビアンコースト
・1930年代の古代文明がテーマのエリア「ロストリバーデルタ」

そして、今回新たに登場する「ファンタジースプリングス」が8つ目のテーマポートになります。

魔法の泉


そのテーマが【魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界】という事。
シー自体が名前の通り、水が多いパークになっていますが、その中でも特にファンタジースプリングスは水や滝・池が多いエリアになりそうですね…!

エリアの概要

施設名:ファンタジースプリングス
予定地:東京ディズニーシー
開業時期: 2023年度(発表当初は2022年度)
面積:約14万平方メートル
施設数:アトラクション×4、飲食施設×3、ショップ×1、ホテル×1
投資:約2500億円

新型コロナウイルスによりオープンが遅れる?早まる?

ファンタジースプリングスは2018年の発表当初、2022年度オープン予定でしたが、一部施設のデザイン開発や技術を踏まえて再検討した結果、2023年度のオープンとなりました。

現在世界的に大流行している新型コロナウイルスにより、東京ディズニーリゾートは休園中。
2020年4月15日にオープン予定だった東京ディズニーランドの新エリア”ニューファンタジーランド”もオープン時期を見合わせています。
パーク自体もいつ再開するか分からない状態で、そうなると2023年オープン予定の”ファンタジースプリングス”もオープンが遅れる可能性も出てくるかもしれませんね。

40周年に合わせてのオープンになる

2023年度は、東京ディズニーリゾート40周年アニバーサリーになります…!
上で話したように、一部施設のデザイン開発や技術を踏まえた再検討で2023年度オープンに変更されましたが、40周年を見据えての変更だったのかもしれませんね…!
そうなると、2023年の40周年はディズニーシーがメインになるのではないでしょうか。

しかし、当初予定されていた2022年度の目玉がなくなるわけですから、もしかしたら2022年は新たにイベントを追加したりする可能性も出てくるかも…?

3つのエリア

ファンタジースプリングスには3つのエリアがあります。

アナと雪の女王

アナと雪の女王エリア


映画「アナと雪の女王」をテーマとしたエリア。
完成予想図を見る感じ、完全に映画の世界に出て来たアナとエルサが暮らす王国”アレンデール”そのもの!
映画の終わりでエルサが氷の魔法を受け入れた後の世界が再現されています。

アレンデール城の向こうには、エルサが魔法で作った氷の城が見えています。
アナとエルサの姉妹の心温まるストーリーが楽しめるアトラクションと、アレンデール城の中にはレストランが出来るみたいです。

どんな料理が出てくるのでしょうか…
氷をイメージした物?それともスヴェンが好きな人参が出てきたり…?
クリストフが作るシチューなんかも出てくるかもしれませんね♪

塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェルエリア


映画「塔の上のラプンツェル」をテーマとしたエリア。
ラプンツェルが住んでいた高くそびえる塔や、荒れくれ者たちが夢を語っていたレストランなど、こちらもラプンツェルの世界にどっぷり疲れそうなエリアですね…!!

ユージーンと訪れた”ランタンフェスティバル”の世界が楽しめるアトラクションや、荒れくれ者たちが隠れ家として使っている町外れの酒場”かわいいアヒルの子”をイメージしたレストランなどが登場するようです!

映画の中でもランタンを飛ばすシーンはなんとも神秘的でしたよね…!
ラプンツェルが街中の地面に書いた模様とかも再現されるのでしょうか…?
レストランでは、荒れくれ者のイメージに合うような骨つき肉が出てきたら嬉しいです♪
他にも、お菓子作りが好きな彼が作ったデザートが出てきたらテンション上がること間違いなし!

ピーターパン

ピーターパンエリア


映画「ピーターパン」をテーマとしたエリア。
ここは、ピーターパンやティンカーベル、ロスト・ボーイズたちが住むネバーランド。
完成予想図に載っている船は、フック船長の船でしょうか…?

ディズニーランドにもピーターパンのアトラクションがありますが、新エリアのピーターパンはジャングルを飛び立ち海賊たちと戦うアトラクションと、ティンカーベル達が住む”ピクシー・ホロウ”を訪れるアトラクションの2種類があります!ネバーランドを眺めながら料理を楽しめるレストランも導入。

ネバーランドは子供だけの世界…ですが、このネバーランドに来れば大人も子供に戻れるかも…?!

パークと一体となっているホテル

ディズニーシー新しいホテル


東京ディズニーシーのホテルといえば”ホテル・ミラコスタ”ですが、今回ファンタジースプリングス内に新たなディズニーホテルが建設予定です。
パーク内ということになると、開園15分前から入園することができる”ハッピー15エントリー”も使うことができるようになると思いますが、ゲストが少ない朝のファンタジースプリングスをのんびり散歩するのも良いかも♪
なんとも優雅な1日の始まりになりそう…!

また、魔法の泉を囲むように建てられるようで、パーク内に面した客室からはファンタジースプリングスの美しい街並みを見ることが出来ます♪
ちなみに、東京ディズニーリゾート内で最上級のホテルとなるようです!
どんなホテルなのか、今から楽しみですね…!

ホテル概要

施設名:ディズニーホテル(未定)
場所:東京ディズニーシー・ファンタジースプリングス
客室数:475室
付帯施設:レストラン×2、しょっぷ、ロビーラウンジ、駐車場など

これとは別にパーク外にトイ・ストーリーをテーマにしたホテルがディズニーリゾートライン「ベイサイドステーション」駅前に建設中です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
まだきちんとした発表がなく、謎が多い新エリア”ファンタジースプリングス”ですが、この情報だけでも楽しそうなエリアになるのは間違いなさそうです…!

また、アトラクションやレストランの情報があがり次第、ご紹介させていただきたいなと思います!



1日1回応援のクリックしてね♪