ファストパスリマインダー

ファストパスリマインダーの使い方


ファストパスの取得方法が変更!
ファストパスリマインダーの使用方法とルールを徹底解剖!!

ファストパスリマインダー

ファストパスリマインダー

皆さん、こんにちは!
東京ディズニーリゾートを楽しむ上で欠かせないのが、ディズニー・ファストパス。
短い待ち時間で大人気アトラクションを楽しめる、魔法のようなアイテムです。

このディズニー・ファストパスのシステムが7月10日から変更となりました。
そして7月23日からは、さらに大幅な変更が加わる予定となっています!!
今日は、知らずにいるとせっかく取ったファストパスの権利が使えなくなってしまうかもしれない、新しい「ディズニー・ファストパス」のシステムについてご紹介します。


変更点1「ファストパス・チケット」の廃止

ファストパス

これまでに東京ディズニーリゾートでファストパスを取得したことがある方なら、このチケットに見覚えがあるのではないでしょうか。

2000年7月に東京ディズニーリゾートでディズニー・ファストパスが導入されて以来、各アトラクションのファストパス発券機から発券される、この「ファストパスチケット」を乗り場で提示することで、アトラクションを利用することが出来ていましたよね。

ファストパスリマインダー

7月10日より、代わりに発券されるようになったのがこちらの「ファストパス・リマインダー」です。

これは現地のキャストさんの説明によると「ただのメモ紙」。
レシートのようなもので、「この時間のファストパスを受け付けました」という証明の紙で、このファストパス・リマインダーだけではアトラクションに乗ることが出来なくなりました。

分かりやすく考えると
◯従来:入園チケットを使用してファストパス・チケットを「発券」していた

◯7月10日より:入園チケットに、ファストパス情報を「登録」する という形になりました。

変更点2「入園チケットで、アトラクションに搭乗」

ファストパスリマインダー

ファストパス・チケットが廃止されたため、ファストパスでアトラクションを楽しむ際には、ファストパスを取得する際に使った「入園チケット」をアトラクション前でかざすことになりました。

新しく登場したファストパス読み取り機、各アトラクションに馴染んでいてとっても可愛いので、是非アトラクションごとのデザインをチェックしてみてくださいね。

ファストパスリマインダー

アトラクションに並ぶ際には必ず、入園する際に使用したチケットもしくはスマートフォンを持って並んでくださいね。
ファストパス・リマインダーだけでは、ファストパスでのアトラクション搭乗は出来ません。

ファストパスリマインダー
こちらのファストパス読み取り機ですが、前後5分程度は通過できるように設定されているようです。(あくまで現時点での設定です。)


変更による注意点

ファストパスリマインダー注意点

「ファストパス・リマインダー」ではアトラクションに搭乗出来ない

繰り返しになりますが、ファストパス・リマインダーは「入園チケットにファストパス情報を記録できました」という、レシートのようなものです。

必ず、入園チケットを持ってファストパス列に並んでくださいね。

トイストーリーマニア ファストバス
入園チケットを紛失した際には、入園チケットの再発行が必要となります。

その際の再発行場所は
・東京ディズニーランド ワールドバザール「メインストリート・ハウス」
・東京ディズニーシー メディテレーニアンハーバー「ゲストリレーション」 です。
再発行の手数料は200円です。

再発行するとファストパス情報は全て消える

入園チケットを紛失し、再発行した場合は「ファストパス情報は全て消える」 ことになります。

グループ内で1人だけアトラクションに乗れない!なんてことにもなりかねませんので、入園チケットは無くさないようにしましょう。

ファストパスリマインダー

さらに注意すべき点はもう一つ。

同じアトラクションのファストパスを続けて取得する場合

同じアトラクションのファストパスを続けて取得したい際は、まず手元のファストパスを使用してから取る必要があります。

次のファストパス取得可能時間が来ていても、同じアトラクションのファストパスを取得したい場合は、ファストパスを使用してからでないと同一アトラクションのチケットを取得出来なくなりました。

次のファストパスを取る際には、このことを考えて計画してみてくださいね。

2019年7月23日からスタート、新システムの導入

ファストパス発券時間

7月16日の発表で、7月23日からはファストパス発券機に並ばずともファストパスを取得できるようになりました。

7月23日からは、入園チケットを東京ディズニーリゾート公式アプリに読み込ませることで、パーク入園後ならどこにいても希望のアトラクションのファストパスが取得できるようになります。

まさに画期的な新システムですよね。

公式アプリ、もしくはファストパス発券機でファストパスを取得した後は、必ず入園チケットがないとファストパス・エントランスに並ぶことができません。

入園前…公式アプリをインストールしておくこと
入園後…入園チケットを失くさず行動すること が大事です!

ファストパスの時間に間に合わなかったらどうする?

ファストパスリマインダー
筆者はちょうどファストパスの時間に子どもが寝てしまったのですが、キャストさんに申告すると

◯現在のファストパスをキャンセルして、好きなアトラクションのファストパスを取り直す
◯お昼寝から起きた際に、既存のファストパスを使う

の2通りの方法を提案されました。

ファストパスのキャンセル

新システムの導入により「ファストパスのキャンセル」ができるようになったので、ご紹介します。

ファストパスキャンセル
ファストパスを取得したけど、やっぱり違うアトラクションに乗りたい!や、違う時間に乗りたい!と言った場合は、ファストパス発券機の近くにいるキャストさんに申告すれば、ファストパスをキャンセル出来るようになりました。

この場合は、キャンセルが確定すると同時に別のファストパスを取得できるようになります。

ファストパス発券場所

ファストパスの使用可能時間を過ぎてアトラクションに到着した場合、事情を説明して認められれば、ファストパス・エントランスに並ぶことができます。

ファストパス読み取り機に入園チケットをかざすとエラーが出るので、読み取り機横にいるキャストさんに再度事情を説明し、キャストさんの機器で操作してもらうことで、ファストパスを使用できるようになります。

時間厳守が大原則ですが、2019年7月14日時点ではキャストさんに相談することで柔軟に対応してくださるようでした。

便利すぎるファストパスの新システムまとめ

ファストパス

先にご紹介したとおり、「ファストパス・チケットを発券する」という概念から「ファストパス情報を、入園チケットに登録する」という概念へと変化を遂げた今回の新システム。

とにかく入園チケットと公式アプリをインストールしたスマートフォンさえあれば、パーク内を快適に回ることができます。

また東京ディズニーリゾートでは
・QUICPay/QUICPay+
・iD
・交通系IC(Suica/Kitaca/PASMO/manaca/TOICA/ICOCA/はやかけん/nimoca/SUGOCA)これらの電子マネーが使用可能です。

スマートフォンにこれらの支払い機能が付いている場合は、とっても身軽にパークを楽しむことができますね!

便利になっていく東京ディズニーリゾートですが、遊びに行く際はくれぐれも、スマートフォンのモバイルバッテリーをお忘れなく!

それではみなさん、行ってらっしゃい!!

しゅむしゅむ
「子どもの誕生を機に東京ディズニーリゾートの年パスデビューをして、4年目になりました。
2人の息子を連れて、毎週インしています。
皆さんのインに少しでもお役に立てる情報をお届けできればと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします!!
USJ
USJ


ディズニーランド
ディズニーランド


1日1回応援のクリックしてね♪

ディズニーシー
ディズニーシー